世界の創造 XI – ミカロイウスチウリオニス

世界の創造 XI   ミカロイウスチウリオニス

Churlionisは音楽を生き続け、プロのミュージシャンであり、作曲家でもあり、ピアノと絵画を教えていましたが、彼の音楽性だけでなく、本質的には音楽のリズム、メロディー、ハーモニー、音色の中での生活を反映していました。私の兄弟への手紙の中に、芸術家が過去数ヶ月に書いた作曲の列挙があります。今日失われている作品が言及されているこの列挙は、「あります」 – 13枚の絵のサイクルの行で終わります。「非常に良い」という発言でこれらの絵を評価した後、Churlenisはさらにこう書いています。人生は、もちろん、さらに新しい考えがある限り。これは聖書に従った世界の創造であり、私たちの世界だけではなく、他の世界の創造です – 素晴らしいものです。

そのサイクルは「終わっていない」ままで、彼の絵画の数は増えませんでしたが、少し後になって、Churlenisはこれら13枚の小さなシートを繰り返しましたが、今日は2枚のストーリーがあります。上の文字で「Let There Be」と呼ばれる最初のものはパステルで埋められ、1906年4月にサンクトペテルブルクで展示されたことが知られています。テンペラのサイクルの13の絵の繰り返しをして、それを「世界の創造」と呼びました。しかし、「Let it be!」という手がかりの呼びかけは、別の名前に取って代わって、サイクルの最初の絵の1つにポーランド語の碑文の形で残っていました。繰り返しが最初のテンペラの正確なコピーであったかどうか – パステルサイクル、あるいは我々がわずかに修正されたか全く新しいバージョンを扱っているかどうか、確かに言うことはできません。私達に知られているテンペラの変種である第二は、彼が今展示されている場所から彼がChurlionisギャラリーに来たB. Volmanによって購入されました。現在の吊り下げの順序、および複製のアルバムにおけるこのサイクルの絵画の採番番号は、元のものと一致しません。1926年にインテリアの写真が掲載されました。

最初のリトアニアの美術展。ここでは、世界の創造の最初の絵画がどのようにしてそこに飾られたのかを見ることができます。「Let it be be!」というシートでサイクルが始まりました。Churlionisの周期的な作品は、絵画の始めから終わりまでのサイクルの特定の「読み方」に基づいて解釈の構成を生み出すことがよくあります。Churlionisは、彼が少なくとも100の絵を書くために、彼がこのサイクルを彼の人生を通して書きたいと思っていると認めました。彼がある種の一貫した陰謀について考えていた間に、百の絵画が創造の過程についての長くて詳細な物語を形成するであろうと想像するのは難しいです。シンボリック思考一般、特にChurlionisは、この種の仮定に矛盾します。控えめな表現と非顕現 – それはイメージであろうとイベントであろうと – はそのような思考の主な特徴です。アーティストは主張したが 一連の絵画について言えば、これは「私たちのものではない」、聖書の世界ではないということでもありますが、そのサイクルにおいても、地球と水は共通の空間的「深淵」から隔てられています。少なくとも3つの絵には水、地平線の高さ、ハイライトと波状の輝く光を反射する表面があります。その上は惑星や斜めの霧の雲のある空です。

色と作曲のテクニックは、これらの細部の外観と共に、最初の1つが終わったかのように変化します – 英雄的で、情熱と激しい思考 – シンフォニーの一部と叙情詩的な部分はメロディックな美しさ、音色のオーケストラの喜び、即興の容易さで響きます。音楽との比較は必然的に最終的な絵画の1つと関連しており、そこには透明なハープとオルガンパイプの列に似た構造があります。しかし、ミュージカルは、前述したように、サイクルのさまざまな形でも存在しています。それは、創造された世界のこの「生きている」部分において、それ自体が特にはっきりと感じられるようにします。ここにあるすべてのものは、カラフルでリズミカルな調和の影響を受けます。これらのシートに咲く花の装飾性、地上の類推を持たない植物、自由な芸術的ファンタジーの胸にのみ生まれることができる形成、



世界の創造 XI – ミカロイウスチウリオニス