不動の滝、でもまだ王子の中 – 歌川広重

不動の滝、でもまだ王子の中   歌川広重

上野の山々から浅草山への標高が急に上がり、この断崖から幕末川が流れます。2つの丘の間は峡谷を形成しました。川のほとりに沿って急な崖があり、それに沿っていくつかの滝が川に流れ落ちています。そのため、この地域の幕末川は河川滝と呼ばれていました。川の右岸には、セズイン神殿があり、その先には千竜の滝がある幕府川への洞窟がありました。彼女は神Fudomeoと関連付けられていた、それ故に滝はFudoと呼ばれていたがそれでもなお。

この滝で清めの儀式を行うのが習慣でした。この滝の近くでは、あたかもトンネルの奥深くにあるかのように、洞窟と岩が苔で覆われていました。ここでは、カスケードで、夏の暑さの中でさえ、常に冷たさが感じられました。滝は非常に高いところから落ちて、一滴の水が落ちたとき、まるで雨が降っているかのように小さな水しぶきになった。

広重は人々を滝に浸して描き、滝自体は巨大な木のように描かれ、力と記念碑を与えましたが、その大きさはいくぶん誇張されていました。彫刻の2番目のバージョンで流れる滝の広い青いストリップの背景に対して、紙の織られたストリップでぶら下がっているロープは、神の存在の場所 – 神神 – を囲む、はっきりと際立っています。変更されたそして正方形のcartouche。



不動の滝、でもまだ王子の中 – 歌川広重