上野の清水堂とシノバッズのいけ池 – 歌川広重

上野の清水堂とシノバッズのいけ池   歌川広重

漢江寺は江戸の主要な仏教の中心地の一つであり、清水堂はこの僧院の主要な寺院の一つでした。修道院の名前 – “漢江寺” – は、1631年に建てられた時代の名前から来ています。その創始者は、将軍が住んでいた江戸の権威を高めるために京都の寺院のコピーを造りたかった僧侶天海でした。清水堂は有名な清水寺を繰り返すが、小さい。寺の近くにあるSinobadzu no ikeの池は比叡山の琵琶湖を模しています。

琵琶湖のように池に小さな弁天堂のある人工島が建てられました。寺院の美しさは詩に反映されています:「Kaneydzi!金と銀のきらめきで、古代の寺院、それと比較して何もない!」上野では、開花したさくらを賞賛することができました。祭司天海は、これらの場所を、さまざまな種類のサクラが生えていた大和の吉野山地と同じにすることを望んでいました。

山の桜の開花中に、上野は誰もが通過することができる黒い門を開いた。このコンポジションの2番目のバージョンはかなり大きな違いがあります。道路の色が青みがかった色から灰色がかった茶色へと変化しています。それに、開花するsaburaの木のピンクがかった赤の泡がうまくいきます。



上野の清水堂とシノバッズのいけ池 – 歌川広重