上野の修道院の領土に照らされた月明かりの松 – 歌川広重

上野の修道院の領土に照らされた月明かりの松   歌川広重

彫刻は上野市の寛永寺にあるシノバズノイク池です。広重は奇妙な松の木を前景に押します。その枝は曲がり、円を形成します。月のマゾはこの松にくっついた。それを通して満月が作られました。彫刻はシノバズノイケ池の景色を提供しています、同様の名前は松の木が古代に忍者丘オカホルム忍耐と呼ばれた丘の上に生えたという事実によって説明することができます。

枝の後ろには、まるで額縁で囲まれているように、Sinobadzu noike池の対岸にある本郷台地域の構造物が見えます。この地域は、デイミーマンションによって占められていました。円の中心にはKagayashiki邸宅があり、それはKara州を統治していた前田家に属していました。刻印の右側には、池のほぼ中央に作成された中島が見えています。ここは、幸福の7つの神のうちの1つであるベンザイテンを崇拝していた聖域です。

上野の聖域は新年の最初の日に訪問することにしました。彫刻の後の版では、色の変化が起こりました。Sinobadzu池の水面を通る濃い青の帯のサイズが変わり、湖の中央に移動しました。夕焼けのより強い輝きは淡いピンクの縞に変わった。



上野の修道院の領土に照らされた月明かりの松 – 歌川広重