三美神 – ルーカス・クラナック

三美神   ルーカス・クラナック

絵画「三美神」は16世紀の30代半ばに芸術家ルカスクラナッハ長老の工房で描かれました。ボードサイズ50.5 x 35.7 cm、木、油。

創造性の後期に、芸術家は細心の注意を払って作られた、そして狭い範囲での検討を必要とする小さなフォーマット、「プレート」を好みます。芸術家の作品の後期のそのようなオフィスの写真は、kunstkamersの貴族や愛国者のニッチを対象としていました。Lucas CranachがVenus、Judith、Parisの判断、Diana、Lucretia、Mesallianceなどのトピックを選択したことは偶然ではありません。これらは、他の古代および神話のテーマにも対応しています。



三美神 – ルーカス・クラナック