三美神 – ピーター・ルーベンス

三美神   ピーター・ルーベンス

1630年代に、ルーベンスは騒々しい社会生活から出発し、スタンの城に孤独を作り出します。これは画家の最も有名な作品の一つ – “三美神”が表示されます。今日では、その写真が驚くことではなくなることはありません – その名前は現代の視聴者のためのコンテンツとは非常に異なっています。一方、ルーベンスの女性の身体は芸術批評のための全体層です。

芸術家は常に女性の本質を率直に、誠実にそしてオープンに描いてきました。彼の裸体はリラックスしているが下品ではなく、エロティックではないが下品ではない。ルーベンスは、人の体は神の創造物であると信じており、それを描くことを恥じているのはこの創造物を恥じていることであり、宗教芸術家にとっては考えられないことでした。絵のヒロインは流れるダンスの中で動くアンティーク美神です。

驚くべきことに、キャンバスを調べるたびに、アーティストが自分たちのわずかにふくよかな体をどれだけ賞賛するかをはっきりと感じることができます。作家のこの熱意は非常に伝染性であるので、美の規範が何であっても、視聴者は無意識のうちにプロットのヒロインを賞賛し始めます。やわらかい線、エレガントな体の動き、至福に満ちた曲がり – これはすべて女性の身体の美しさへの賛美歌です。

この声明として、私たちはヒロインの頭の上に花が織られているのを見ています。左側にある恵み、人生から描かれた主人が知られています – これはルーベンスの二番目の妻エレナファーマンです。作家はちょうど結婚し、新たな幸せに浸ったばかりです。ルーベンス自身もこの絵を愛していたので、それを手放したくなかったので、キャンバスは芸術家の家に掛けられました。彼の死後、絵画は売りに出され、最初の購入者はスペインの王フィリップ4世でした。それで三美神はスペインに連れて行かれ、そこで彼らはまだ住んでいます。



三美神 – ピーター・ルーベンス