三美神 – ハンス・バルドゥン

三美神   ハンス・バルドゥン

Baldungの最高の絵画の一つ – “Three Graces” – は、シンプルさ、素晴らしい素晴らしさ、そして純粋さの魅力に内在しています。Baldungaは、森の深い夜の暗さと神秘的な月光のコントラストの伝達に興味があります。寓話や神話のテーマ、そして魔術や魔術の儀式のテーマは、Hans Baldungの絵に反映されています。例えば、官能性と残酷さに満ちた絵画「二人の魔女」は、16世紀の改革の迷信の影響の下で作成されました。彼の時代の終わりに、Baldungは古代の伝説、神話と歴史からのキャラクターと場面を書きました。

たとえば、「Piram and Thisba」、「Hercules and Antey」、「Mucius Scotseola」などがあります。Baldungの絵画「三美神」やその他の作品は、ルネッサンス様式からマネリズムへの芸術家としての彼の創造的な様式の移行を何らかの形で証明しています。将来的には、特に当時のイタリア絵画学校の影響を反映して、彼の作品の絵画的および心理的内容はますます巧妙になってきています。Baldungは彼自身の独特のスタイルのマンネリズムを開発しました:色の衝突と細部の自然主義と組み合わせたパターンの曲がりくねった線。



三美神 – ハンス・バルドゥン