三美神 – アレクサンダー=ジャン=デュボア=ドロン

三美神   アレクサンダー=ジャン=デュボア=ドロン

Alexander-Jean DuBois-Drahonはフランスの肖像画家です。彼はロココ時代の特徴的な方向にキャンバスを描きました – 明るく、永遠の若さと美しさ、貧弱な現実から脱却したいという願いをこめて。デュボアドロンの英雄たちはいつもなめらかで美しく、そして「新鮮」でした。

“三美神” – 19世紀の初めに書かれた女の子の集団肖像画。これは古典主義とその合理性と性質を混ぜ合わせていない純粋なロココです。それ故、どうやら、それで、Drahonaの三美神はとても優雅で、そして半透明で、そして無数の生き物に似ています。その作品は賞賛に値する。これは、個々の部品、布地、カーテンの細かい絵が描かれた明るいキャンバスです。女の子は優しくて無重力です。アーティストの手紙はとてもなめらかです。別々のストロークは表示されず、シェーディングはほとんど鏡です。

作品のパレットは甘くて蜂蜜です。光がどれほどよく露出されているかがわかります。暖かくてシャープではありません。美神の肌はビロードのようです。女の子の顔にはたくさんの「うさぎ」がいて、彼らには元気と必要な量が与えられています。歴史的意義の観点から、作品は女の子の髪のスタイリングの衣装や特徴に注目に値する。

間違いなく、これはIXI世紀の初めにファッション業界を飲み込んだ帝国スタイルです。オリーブ色の空気のない背景はここでとても良いです。目立たないが、同時にドレスの白さを有利に強調する。それはまた仕事に暖かさを与えます。肖像画の形は丸い形をしていて、それは著者によってはめったに使われませんでした、しかしそれはレイアウトの空いている角を都合よく切り取りました。

Drahonの作品の肖像は、白くなった色と細部まで細心の注意を払って認識できます。仕事の考え方はとても単純で、質問をすることはありません。目立たない色とプロットのおかげで、このキャンバスはどんなインテリアにもうまく収まります。



三美神 – アレクサンダー=ジャン=デュボア=ドロン