ヴァンダイクアンソニー

聖マーティンと物乞い – アンソニー・ヴァン・ダイク

ヴァン・ダイクの絵画「聖マーティンと乞食」は、それでも地元の城の所有者によって命じられたザヴェンテムの教会の主祭壇に掛かっています。 長い伝統によると、このキャンバスは、同じ教会のために書かれた「聖家族」と同様に、イギリスからの帰国からイタリアへの帰国までの間にヴァン・ダイクがフランダースで過ごした1621年の数カ月に作成された。ルーベンスの影響は明らかに顕著であり、一般的な計画だけでなく、個々の人物像、例えば筋肉の乞食にも見られます。作曲は「十字架を担う」よりはるかに成功しています:ヴァン・ダイクは絵に数字を積み過ぎるという誘惑に屈しませんでした。svによって形成された行

チャールズ1世の3つの角度 – Anthony Van Dyck

美術評論家は、彼の作品「3つの観点から見たチャールズ1世」を、ヴァン・ダイクの作品のイギリス時代の遠征であると考えています。この肖像画は、1635年の後半、王が彼に寛大に解放された生命力の満開になったときに、芸術家によって始められた可能性が最も高いです。王の行動は、彼が無限の欲望と独裁的な傾向によって特徴付けられないことを示します、そして、彼は本当に善と正義で満たされた主権者です。」 肖像画の中で、ヴァンダイクは色、形、そして光の伝達にそのような忠実さをもたらし、王は彼の経験のすべての繊細さにおいて観客の目の前に現れます。それは、中世の偉大なる巨匠たちの外郭、いわゆるいわば貝殻の良心的研究を通して、彼らが描いた人々の魂の再現を達成しました。

エリザベス・ティンブリ夫人とドロシー・ビスカウンテスアンドーバー – アンソニー・ヴァン・ダイクの肖像

芸術家はチャールズ1世の宮廷で、イギリス滞在中にこの肖像画を描きました。彼は2人の姉妹を捕らえました –

プリンストマソフランチェスコデサヴォワ – カリニャン – アンソニーファンダイク

プリンストマソフランチェスコデサボア –

チャールズ1世とアンリエッタマリアの肖像 – アンソニーヴァンダイク

1627年頃、ファン・ダイクはフランドルの芸術家である兄弟のルーカスとコルネリス・デ・ヴァルの肖像画を描いた。彼らは親切なホストであることがわかりました –

チャールズ1世、イギリス王、狩りに – アンソニーヴァンダイク

素晴らしいフランドルの画家、製図工、彫刻家Anthony Van

Samson and Delilah – アンソニーヴァンダイク

この絵に関する同時代の回想録は私達に届きませんでした –

ロメリーニ家の肖像 – アンソニー・ヴァン・ダイク

これはイタリアのヴァンダイクによって描かれた最高の肖像画の一つです。芸術家のために正確にポーズをとった人のためにそれが知られていない、しかし、これが1625 –

Saint Bruno – アンソニーヴァンダイク

絵画 “Saint

家族の肖像 – アンソニーヴァンダイク

この絵は、画家の仕事の中で最も明るいものの一つです。しかし、それは謎を抱いています。この素晴らしい肖像画の魅力に抵抗するのは十分に困難です。彼の力は本当に魅力的です。それは想像力、キャラクターを投機したいという願望を目覚めさせるのに役立ちます。視聴者はこの家族の生活についての話を思い付きたいのです。 私たちがこれらの顔を見る時間が長いほど、彼らの表現を理解するのは難しくなります。彼らには、影がはっきりと現れていますが、それは説明不可能です。しかし、これは物事の実際の面であり、絵の面ではありません。