ワイト島 – ベルト・モリゾ

ワイト島   ベルト・モリゾ

1875年に、ベルトモリゾーは彼の兄弟エドワードマネユージーンと結婚した。新婚旅行で新婚夫婦​​はイギリスに行きます。彼らはしばらくの間、ベルト・モリゾが船の絶え間ないダンスとリズミカルで憂うつな潮のショーを見ることができるワイト島で過ごします。

芸術家は幸せを楽しみながら生きています。マネの影響下で、彼女は芸術的な追求と実験に焦点を当てています。「ワイト島」では、絵の右下隅が意図的にそのままの状態で残されています。未完成の形は、特にこの時期から、彼女のキャンバスの非常に特徴的な特徴です。ここでの脳卒中はより神経質で落ち着きは少ないです。彼女の絵は確かに保守的な学問と矛盾します、そしてこのギャップは完全に意識的です。

「ワイト島」はかなり具体的な絵です。Morisotはこの絵のジャンルでは必須である審美的な規範を忘れているように見えますが、彼女が観察するものの視覚的側面にだけ注意を払います。この写真は、さまざまな色合いの白を基調とした明るい色調で表現されています。柔らかい茶色の海岸と憂慮すべき灰色の空が、薄緑色のオパール色の海を囲んでいます。

海岸では、桟橋の近くに数人の人々が景色に溶け込んでいるのを見ることができます。手前の小さな女の子の形は、2〜3ストロークで作られます。ボートの船体と帆は女性のドレスと同じ色で描かれています。影響の期間の後、Corot、そしてMane Bert Morisotは、自由が知覚の正確さと組み合わされた独自のスタイルを開発します。



ワイト島 – ベルト・モリゾ