ロンドン、ハイドパーク – Claude Monet

ロンドン、ハイドパーク   Claude Monet

ロンドンでは、モネはドビニーとピサロと出会い、共にテムズとハイドパークの霧の景色を眺めています。霧の影響で、より良い時間を選ぶことは困難でした。ロンドンの1870-1871の冬は全世紀にとって最悪です。

霧の存在は、1年前に開かれたモネの国会議事堂、グリーンパーク、ハイドパーク、ロンドンプールの眺めで特に感じられます。「彼はロンドンの霧が大好きでした。それは、ルネ・ジンペルが認めたものです」 19世紀のイギリス人アーティストはどうやってレンガごとに家をレンガで塗ることができるでしょうか。

彼らの絵には、見ることさえできなかったレンガも描いています。私はロンドンだけが冬が大好きです。夏には、この都市は公園に適していますが、冬や冬の霧と比較することはできません。霧がなければ、ロンドンは美しい都市にはなりません。霧はそれに素晴らしいスケールを与えます。彼の神秘的な覆いの下で、単調で巨大な四分の一は壮大になります。

数年後、ピサロはイギリスの評論家ウィンフォード・デュー・ハーストにこう書いた。「モネと私はロンドンの風景が好きだった。モネは公園で働いていた。当時は郊外の魅力的な郊外に住んでいた。霧、雪、春の影響を扱った。もちろん、ターナーとコンスタブルの水彩画や絵画、オールドクロームの絵画に感銘を受けた、ゲーンズボロ、ローレンス、レイノルズなどの人たちには賞賛されましたが、特に野外、光、ちらつきについての展望を共有した風景画家たちには驚きました効果 現代美術家の間で、私達はワッツとロセッティに興味を持っていました。



ロンドン、ハイドパーク – Claude Monet