ロザリオの聖母マリア – バルトロメエステバンムリーリョ

ロザリオの聖母マリア   バルトロメエステバンムリーリョ

この絵は、芸術家が聖書の物語の中にアナクロニズムをどのように「書いた」かの鮮やかな例です。マドンナはロザリオビーズでキャンバスに描かれています – カトリック信仰の典型的な属性。芸術家の当時、そのような祈りビーズは、それらに密接に関連していて、広く配布されていて、真の信者とスペイン人の不可欠な属性と考えられていました。

赤ん坊のイエス様が両腕に抱かれたマドンナの姿は、閉じた部屋の暗い、むしろ暗い背景に描かれています。聖母マリアは赤ん坊の裸の体を抱いて、巨大なベンチに座っています。母親も息子も、将来の悲しみ、悲しみ、そして苦しみが彼らの家族に降りかかることを予想しているかのように、厳しくてほほえましい顔をしています。この絵では、マスターに固有の色の感覚と織物の質感を巧みに伝える能力は完全に明らかにされました。

聖母マリアの装いの飾りはとても表現豊かで、あなたはそれらから目をそらすことはできません。メインドレスの錆びた赤い布は紫色に光る青い絹のような岬を投げかけ、そして処女の首のまわりの最も薄いクリーム色のベールはその淡い、磁器の皮を響かせます。 – 母と子の両方 – 目をそらすことなく、彼らは見る人を直接見て、文字通り悲しみを隠した明るい黒い目で魂に突き刺さります。



ロザリオの聖母マリア – バルトロメエステバンムリーリョ