レゴバシ橋とオカババタ堤防 – 歌川広重

レゴバシ橋とオカババタ堤防   歌川広重

1657年に発生した大火「中そで」の後、東の首都の主要な橋の一つ – 「大橋」が建てられました。しかし、2つの州の橋であるRegokubashiという名前は、スミダガ川で隔てられた武蔵の国と島の国を結ぶようになってすぐに始まりました。国橋橋は、江戸で最も人気のある娯楽の場所の1つとなっています。西海岸には数多くのティーパビリオン、レストラン、小さな劇場、アーチェリー場がありました。

橋に通じる道に沿って伸びる茶室の列は、前景の彫刻に見えます。川のもう一方の岸には、コンツェ地域が描かれており、その岸に沿って多数の木の杭が底に打ち込まれました。それらは防波堤として機能しました。このビーチはHyappongiと呼ばれるようになりました。さらに上には、家が見えていて、シートの左側の背景には、ごぞう橋があります。

スミダガ川は重要な交通動脈で、貨物船や客船が川を上下に航行していました。後のシートのより明るい全体的なトーンに加えて、濃い青色の帯がその下に現れて、Rekobashi Bridgeの下を通過します。彫刻の上端のストリップも濃い青に変わります。様式化された雲の帯の色もまた増加し、それもまた増加します。



レゴバシ橋とオカババタ堤防 – 歌川広重