レゴクとモト – ヤナギバシ橋のエコイン修道院 – 歌川広重

レゴクとモト   ヤナギバシ橋のエコイン修道院   歌川広重

1657年に江戸で行われた火災には、エコイン修道院の創設の歴史が関連しています。2日間に及ぶ火災の間に、約10万人が死亡しました。あさくさみつ橋にたどり着くことは不可能であり、その多くは隅田川の水に溺れた。その後、このような事態を防ぐために、レゴバシ橋が建設されました。エコイン修道院は、レグク橋の西側にある将軍家雲の命令によって建てられました。そこには、葬儀を行った親族を持たない人々がここに埋葬されました。

翻訳における「エコイン」とは、慰霊碑のことです。川の向こう側の橋はモト – ヤナギバシと名付けられました、それは北にもう一つのヤナギバシ橋が建設されたので、「本物の柳橋」を意味します。左側の広重彫刻は、エコイン修道院の領土にある太鼓塔を示しています。左に赤い太鼓と、左に白いパネルのある2本の柱が見えます。

次は相撲のリングドーハでした。天気の良い日には、競技は10日間続いた。女子は選手が試合の最終日に戦うのを見ることができた。後のシリーズのすべてのシートのように、この彫刻はより彩度の高い色で作られています。さらに、後のバージョンの地域の名前の正方形のcartoucheは多色になりました。ボカシ線は川の両岸に沿って走っています。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

レゴクとモト – ヤナギバシ橋のエコイン修道院 – 歌川広重