ルーベンスピーター

オオカミとロムルスとレムス – Peter Rubens

フランドルの画家ピーター・ポール・ルーベンスの絵「ロムルスとレムスと彼女のオオカミ」写真のサイズは210 x

鳥を持つ少年 – Peter Rubens

鳥と遊ぶ子供は約2歳です。子供の頭だけであるオリジナル版は、明らかに、絵画「フローラルリースのマドンナ」のための天使のスケッチでした。後に、アーティストは鳥の手を追加して、左側に絵を描きました。 子供はおそらく1614年に生まれたアルバートの最初の息子です。鳥と遊ぶ子供の動機は古代に戻ります。鳥は飛び去る魂や命を象徴しています。XV-XVI世紀の芸術家の多くの絵画「赤ちゃんと聖母マリア」では、イエスは彼の死と復活のヒントとして、彼の手に鳥で描かれています。

レルマ公爵 – ピーター・ルーベンス

フランドルの画家ピーターポールルーベンス「レルマ公爵」の筆の肖像画。縦283 x

Leucippusの娘の拉致 – Peter Rubens

このキャンバスの構成はリズミカルで、一見したところ緊張していますが、それでもマスターは円を描くようにして、次にほぼ規則的な四角形の中に、8つの人物すべてを見事に刻みました。動きは上から、キャスターが馬の上に座って女の子を持ち上げることから、まるで地面に立っているポルックスの足を押して前のポイントに戻るようにその手が空に向かって上がるように急上昇することから始まります。そこには、空に向かって、救いを神に訴えかけるような、あるいは送られた求職者たちのおかげで、女の子たちの目が固定されています。 急いで急いで赤髪の少女の豪華な、曲線の数字の明るく、明るいスポットは、軍の装甲の若者の日焼けした、強い数字と完全に対照的に。姉妹の周りを包む白と金色の布は、男性の背後にある風、赤と濃い緑色の布のように展開し、キャンバス全体の壮大な色の装飾効果を生み出します。同時に登場人物の姿はフィットし、緊張感が漂っていたし、アーティストによれば、起こっていることのクライマックスを強調するために遅くなった。

大公アルバートの肖像 – Peter Rubens

アルブレヒト7世 –

聖母マリアの仮定 – ピータールーベンス

眠りとは肉体からの魂の分離、死です。ルーベンスは死んだ祝福された聖母マリアの被昇天と彼女の魂の部分を描写し、その後彼らの素晴らしい再会と復活したマリアの遺体の他の世界への離脱が続きます。

男の肖像 – ピーター・ルーベンス

肖像画は、建築家の肖像画または地理学者の肖像画とも呼ばれ、モデルの手の中にある測定ツールの使用方法に応じて、イタリアに出発する前にルーベンスによって作成されました。この肖像画は若いルーベンスの職業技能の度合いの指標としてだけではなく、その芸術家がヤン・ファン・エイクの作品以来迎えられた古いオランダの絵画様式に近いことを想像させることもできます。 特に彼が費やした力と注意の多くは、類似点と表情を伝えています。細部まで細心の注意を払って細部をトリミングすると、レースの襟の曲線はすべて細かく規定されています。彼の手には、筆や絵の具の巧妙さと流暢さはまだありませんが、人の顔の移り変わりにおける具体性と鮮やかさに対する願望をすでに感じています。

フィリップ2世の馬術の肖像 – Peter Rubens

フランドルの画家ピーターポールルーベンスの絵画 “フィリップ2世の乗馬の肖像画”。肖像画のサイズは314

クレア=ジャンヌとフランソワの子供を持つElena Fourman – Peter Rubens

フランドルのバロック芸術家ピーターポールルーベンスは世界の最も偉大な巨匠に属しています。彼の作品は観客に彼らの見栄えのしやすさ、やわらかく、一生の力、力強いイメージで賞賛します。信じられないほどの情熱と気質で、ルーベンスは驚くほどのプロポーショナルセンスを持っていました。幻想的な想像力、味、華麗なテクニック –

Elena Fourment – Peter Rubensの肖像

1630年12月6日に、ピーターポールルーベンスは “紳士、陛下の秘密の評議会の秘書と彼女の殿下イザベラ殿下の部屋のじゃま屋”とエレナフォーメントと結婚しました。