ルノワールオーギュスト

Monet Reads – ピエールオーギュストルノワール

「ルノワールによって描かれ、おそらく1872年に芸術家に提示されたモネの初期の肖像画の1つは、モネの家族の中で長年保管され、1966年にのみパリのマルモッテン美術館に移されました。 これは芸術家の妻カミラの肖像画のための二重の肖像画です。クローズアップルノワールは、モネの巨大な頭を書いています。椅子に座っているか、椅子に座っていて、白い新聞を持っている手です。モネはまっすぐなパイプを吸います、そして、灰色の輪で煙は絵の右上隅を埋めます。クロード・モネの後ろから光が降り注ぎ、新聞のページ、丸いダークハット、フロックコート、袖の下から出てくるシャツの白い縁、力強い手、そしてアーティストの顔を汚します。

彼の庭で働いているクロード・モネ – Pierre Auguste Renoir

「……ルノワールの絵のジャンルを正確に判断するのは難しい」「モネが彼の庭で働いている」これは肖像画でもある、なぜならClaud Monnetはイーゼルの右側に私たちの目の前に書かれているから。低い2階建ての家と曇りの青い空がある静かな町。

「ムーラン・ド・ラ・ガレット」で踊る – Pierre-Auguste Renoir

この絵は19世紀の最も美しい絵と呼ばれていました。絵の陰謀は、トゥールーズ=ロートレック、ヴァン・ゴッホ、ルノワールなど、ボヘミア人や芸術家にとっての楽園であったモンマルトルの多くのクラブのうちの1つ、レストランMill of

ブージヴァルのダンス – Pierre Auguste Renoir

「それは文字通り1883年にルノワールによって書かれたダンスカップルの肖像画:都市のダンス」、「ブージヴァルのダンス」、「村のダンス」であり、冬、春、夏の絵画と呼ばれることもあります。 特定の有名な人々がルノワールのために提起したけれども、若干の疑いで、それらは肖像画とも呼ばれることができる。いずれにせよ、これらの3つの絵のうちの2つの女性のイメージは後にSuzanne

黒の少女 – ピエールオーギュストルノワール

キャラクター、感情、個性 –

フロッグマン – ピエールオーギュストルノワール

フロッガーはセーヌ川のほとりに係留されたポンツーンの上に位置するウォーターカフェで、小さな島の上に投げられた小さな橋を渡って島につながっていました。第二帝国の間に習慣的にここで支配した不注意と幸福の雰囲気を持つ魅力的なコーナーは、ゴンコート兄弟、ゾラとモーパッサンによって詳細に説明されています。後者は特にフロッグドッグの陽気な雰囲気が好きでした。 “Institution

Vargemontの正午の子供 – Pierre Auguste Renoir

この絵は、ルノワールの作品の中で子供の肖像画の芸術の観点からだけでなく、それはまた批判の中で「zhetskim」または「dry」​​と呼ばれる彼の絵の執筆の開発における新しい段階を表します。この写真を見ると、ルノワールは印象派に内在するすべてのテクニックを根本的に放棄したようです。 はっきりした線、はっきりしたシルエット、図面は細部まで細かく仕上げられ、多彩な斑点のあいまいさを完全に排除しました。赤い花の頭と形作られた窓の取っ手までのすべての図、オブジェクト、個々の細部は、最高の綿密さでルノワールによって描かれて、塗られます。寄木細工の床の輝きが椅子、ソファー、テーブルの脚でそれに反映されています。肖像画のイメージの背景として使用される部屋の壁は、家の壁の浮き彫りを伝えるパネルと隙間の正確なパターンで襲います。

牧草地 – ピエールオーギュストルノワール

ピエールオーギュストルノワールは、そのような優れた絵画の方向性を印象派として創設した偉大な画家の一人でした。彼のレパートリーには世俗的な人格の多くの肖像画、フランスの裕福な人々の生活、そして未知の多くの肖像画が含まれていますが、そのような明るくて異なる人々。 人々に加えて、ルノワールは風景を描いた、そして何よりも彼は街からかなり遠く離れた場所の美しさに魅了された。毎年、芸術家はそれが特別であることを発見し、そしてそれらの中に美しい特徴を発見しました。かなり頻繁に、ピエールは彼の作品に女性と自然の美しさを兼ね備えています。そのような作品の例は、小さな草原の真ん中に座って花束を集める2人の若い女の子を描いた絵「草原の上」です。

菊のある静物 – Pierre Auguste Renoir

ピエールオーギュストルノワールはよく彼の絵の中に花のイメージを向けました。菊は彼の特別な愛を楽しんだ、彼は常に最も有利な側からそれらを見せようとしました。 それぞれの花の静物画に深く隠された意味を与えるクロード・モネとは異なり、ルノワールはむしろ単純に美しい花を賞賛しました。花の絵画ルノワールは、同じ息をのむように、速く書きました、しかしこれにもかかわらず、それらはすべて完璧にピエールオーギュストルノワールの優れた技術と才能を示して、色の構成と調和において並びました。

Vargemontのロザリオ – Pierre Auguste Renoir

ルノワールは自分が目にし、評価したものすべてを描きました。彼が物質的に依存していた金持ちの生活、そしてボヘミアの中産階級層 –