ルアーブル – クロード・モネの旧港の眺め

ルアーブル   クロード・モネの旧港の眺め

ル・アーヴルはクロード・モネの発祥の地で、そこでは彼の子供の頃を過ごしました、そして1860年からこの場所を離れてそこに戻ったことはないでしょう。それで、1874年に、モネはルアーブルに戻って、正確な地理的な名前「ルアーブルの古い港の眺め」でキャンバスを書きました。

その絵は非常に活気に満ちていた、プロットのおかげで生きている、と言う人もいるかもしれない。これは、多くの観光客や一般の人々が息を飲む場所の様子です。これは騒々しいです、そして、生命はそれ自身の法律に従って流れます。景色は2つの世界に分かれています – 住宅の建物と、晴れた、清潔で滑らかな、石で舗装されたアスファルト、黄色い平面にはまぶしい光があふれるスモーキーな水平線。灰色の家がある部分は、まるで寝ているかのように、互いにチューリップしています。ここでは、太陽と砂で、すべてが明るすぎて楽しいです。川の桟橋への灰色の街の興味深い反対。色の使用 – 前景の灰色、スモーキー、寒さと熟した、光、砂糖は同じようです。

文字の性格でさえも強度や気質が異なります。桟橋がどれほど光沢があり、そしてブラシストロークの合字がどのように住宅用パーツに絡まっているかに注目してください。

著者が書いた視点は興味深いです。モネは港を見下ろして絵を描いた。したがって、人々はとても小さくてばかげているように見え、グラウンドプレーンはキャンバスのほぼ全スペースを占めます。川の一部が鋭いくさびで岸に飛び込んだ、それは寒くてほとんどきれいです、それは不必要な細部で満たされませんが、川に沿って点在する船のおかげで残りの仕事と釣り合いがとれています。

悲しい遠くの計画と寒い色にもかかわらず、港は旅行通行人からの長い影で晴れた日の暖かくて暖かいパレットを醸し出しています。明らかに、これは太陽が天頂から出始め、影を拡大し、細部のシャープネスをぼかし、夕暮れの日を入れ始めている午後の時間です。



ルアーブル – クロード・モネの旧港の眺め