リガ山:日の出 – ウィリアムターナーのルツェルン湖の眺め

リガ山:日の出   ウィリアムターナーのルツェルン湖の眺め

ジョン・ラスキン自身、ウィリアム・ターナーの世界を「発見」し、絶えず批評家の攻撃から彼を守っていた有名なイギリスの美術史家は、作品「マウント・マウント:日の出時のルツェルン湖の眺め」について最もお世辞を述べた。彼の言葉では、芸術家は再びそのようなものを描くことができそうにないです。1842年に描かれた水彩画。ターナーはスイスへの旅行の後にそれを作成しました。

今日では、Blue of Rigaは、金銭的に見て最も高価な水彩画と考えられています。イギリスでは、これは国宝です。確かに、2007年にターナーによるこの作品はほぼイギリスを去りました、しかしテートメトロポリタンギャラリーの努力、慈善団体からの収入、そしてまたイギリスからの私的寄付のおかげで、写真は4,595百万ポンドに償還されました。

2014年9月、テート・ブリテンのギャラリーでは、展覧会「The Late Turner:Liberated Painting」でアーティスト「Blue of Riga」の作品を見ることができます。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

リガ山:日の出 – ウィリアムターナーのルツェルン湖の眺め