ラブリン。Versaillesへの道(VersaillesからLyuvesienへの道) – カミーユピサロ

ラブリン。Versaillesへの道(VersaillesからLyuvesienへの道)   カミーユピサロ

1869年 – ピサロの作品のターニングポイントであり、芸術家がプレインエアーペインティングに転じる時期を示しています。これは主にモネの作品の影響によるものです。作品はスタイルや方法を著しく変え、絵画のフォーマットを減らします。

キャンバス「ヴェルサイユからリュヴェシエンへの道」は、ピサロの初期の作品がはっきりと絡み合っていて、モネのスタイルを幾分想起させるような異なる方法の要素が現れる作品ですが、彼自身の個々のアプローチを持ちます。作品の主題では混在したキャラクターが目立ちます。ポートレートとジャンルの両方のシーンがあります。絵画のフォーマットは非常に重要ですが、印象派のジャンルのその後の絵画では、キャンバスのサイズは大幅に減少します。

絵を2つの部分に条件付きで分割すると、暗い色調で飽和している左側は芸術家の初期の創造的伝統へのオマージュであり、右側は印象派のスタイルに固有の新しい方向の擬人化を表しています。すでに光の雰囲気があり、色は透明性を獲得し、そして明るさは質感に現れています。スミアは微妙で断続的であり、そして塗料は自由で、容易な動きによって重ね合わされる。



ラブリン。Versaillesへの道(VersaillesからLyuvesienへの道) – カミーユピサロ