ラブインスピレーション – Adolph Bouguero

ラブインスピレーション   Adolph Bouguero

愛の霊感20世紀初頭の絵「愛の霊感」は、作家、人生の終わりに作者Adolf Bougueroによって書かれました。彼の最近の作品において、彼の経験と知恵のおかげで、Bougueroは特に感動的で愛情と暖かさに満ちたプロットをはねかけました。多くの損失を乗り越えて、芸術家は絵画の主題における感情を醸し出すことを目指しました。「愛を奮い立たせる」 – 詩的な線がナレーションの韻とパフォーマンスの仕方でどのように満たされているか。

熟考のために提案されたキャンバスは、おとぎ話のジャンルに属します。芸術における時代の複雑なグラデーションでは、「愛を奮い立たせる」とはサロンの学問を指します。その中で、作家アドルフは卓越したマスターでした。また、絵の大きさ自体も見逃せません。作品を書く際に、Bougueroはスケールの真正性を模索しました、しかし、フルサイズの手紙はマスターのすべての作品を追求しました。そのような微妙なニュアンスは、その人の人生の官能的な瞬間を表現する上での芸術家のスキルを高めます。

絵の中で恋をしている女の子と一緒に、ローマ物語に基づく神話のキャラクター – キューピッドは一緒に着きます。矢印付きのおてんば娘のプロットに登場するため、Bougueroのアイデアが捉えられています。愛、そしてこの感情に関連するすべてのものが、男性的なものと女性的なものの始まりをイメージしたものであるとは限りません。架空の人物と恋をしている芸術家の女の子。彼はキャンバスにいません。それは、愛の目的が神のような無形の実体であるか、あるいはまったくヒロインに往復しない英雄であるかもしれません。彼女の手は翼のように空に向かって飛び出した。

この場合、キャンバスの名前は文字通り理解できます。もう一つの瞬間、そして少女は世界中に急上昇した。彼女はキューピッドに手を伸ばす、それは彼のイメージが恋をしているかどうかはわからない。まだ彼女の体に何本の愛の矢が突き刺さっていますか?小さな神は次の厄介な棒のバッチに手を差し伸べています…

作品の意味を捉えて、もう1つの説明が少女の嘆願について頭に浮かぶ。彼女の手は彼女の壊滅的な体を通り過ぎる愛を求めています。そして今、彼女は近くにいます。ヒロインの目に悲しみと憂鬱があることを考えると、そのような解釈は存在する権利があります。今、あなたは色ブーグローの通常の喧騒に飛び込むことができます。キャンバスはとても暖かくて明るいです。透明な肌を持つ「冷たい」体は蜂蜜味を与えます。暖かいスペクトルの着色は周囲の絵に触れました。これは草と茂みの遠い計画です。その構図のまさにその構成は、絵の大きさに対して十分な大きさの英雄たちに結びついています。彼らの重力にもかかわらず、少女とキューピッドの両方はプロットと平衡状態にあります。彼らは黙って感情の起源を語ります。



ラブインスピレーション – Adolph Bouguero