ヨーロッパの拉致 – Martin de Vos

ヨーロッパの拉致   Martin de Vos

Martin de Vosはアントワープの芸術家ギルドのメンバーでした。重要なアートセンターになりました。彼の優雅な書き方は、Picture The Rape of Europeに完全に明らかにされていました。

キャンバスは、木星の裏側で衰弱したヌードヨーロッパを白い雄牛に変えました。彼女の服は彼女の頭上の風から優雅に立ち上がり、そして彼女自身が雄牛の角にしがみついています。彼女の悲しそうな表情は海岸に向かい、そこで彼女は不注意に友達と遊んだ。

当時の多くの芸術家のように、de Vosはイタリアへ旅行しました、それでこの映画はこの主題について書いたベネチアの芸術家VeroneseとTitianによって強く影響されていると感じます。ヨーロッパ。木星はヨーロッパのフェニキア人の王の娘と恋に落ち、そして彼女が彼女の友達と遊んだ海岸近くで放牧されている群れと混ざって、雄牛になった。ヴェネツィアのドゥカーレ宮殿にあるヴェロネーゼの絵の中で、ヨーロッパは美しい雄牛を賞賛し、それに花を与えて、彼は彼女の手にキスをします。

伝説によると、木星はヨーロッパが彼を恐れるのをやめて、彼の角に花の花輪をぶら下げ始めて、そして最終的に彼の背中に登るまで戯れて遊びました。それから彼は海を渡ってクレタ島に急行し、そこで彼は彼女とベッドを共有した。ヨーロッパは木星に3人の息子を産んだ。そのうちの一人は、クレタ島の王となったミノスでした。別の版によると、息子の一人はヨーロッパの大陸であり、そしてヨーロッパ自体が強気に変わって、そして黄道帯星座牡牛座になった。



ヨーロッパの拉致 – Martin de Vos