ヨーロッパの拉致 – Francois Boucher

ヨーロッパの拉致   Francois Boucher

フランスの芸術家フランソワ・ブーシェ「ヨーロッパの拉致」の神話のテーマを描く。絵の大きさは231 x 274 cm、キャンバスに油彩。

画家ブッシュは、1747年に書かれた彼の絵画 “ヨーロッパの拉致”でも知られるこの神話物語に繰り返し目を向け、現在ルーヴル美術館に保管されています。ギリシャの神話では、ヨーロッパは雄牛に変わったゼウスによって誘拐されたフェニキア王Agenorの娘です。この雄牛の後ろでヨーロッパは海を渡ってクレタ島に来ました、そこで彼女はゼウスからミノス島を出産しました。

デコレータの才能と芸術家フランソワブーシェの空想は彼の多くの神話の場面に現れました。古代ギリシャやローマの神々、女神や他の神話的なキャラクターは想像上の古代建築物を背景に描かれました。

これらのシーンは壮観な構図で、フリーのペイントスタイルと明るい銀色の色域で書かれたダイナミックなストロークで実行されます。これは、アーティストのジョバンニ・バッティスタ・ティエポロによる絵画のスタイルに対する魅力を示しています。ブーシェは、特定のいくつかの色の使用だけでなく、キャッチーなトリックも好きでした。

それから芸術家は豊富な艶出しに頼って絵に一種のミニチュアまたは磁器の表面を与え、それから彼は自由な液体のストロークで、Tiepoloのスタイルを真似て、そしてベネチアンマスターの色に書いた。フランソワブーシェは、多くの芸術的マナーの解釈者であり、創造の自由を18世紀の初めと真ん中の絵画の真の美徳として感じていました。



ヨーロッパの拉致 – Francois Boucher