ヨーロッパの拉致 – パオロヴェロネーゼ

ヨーロッパの拉致   パオロヴェロネーゼ

フェニキア王Agenorの美しい娘はヨーロッパと呼ばれました。彼女は明るい服を着て、そして彼女と一緒に海岸に行きました。そこに、女の子は花を集めて、一周しました。ヨーロッパは彼女を苦しめた不安な考えを取り除きたかった。ゼウスは岸で彼女を見ました、彼は女の子の美しさに驚いていて、彼女を誘拐することに決めました。神は、黄金の羊毛で覆われ、額に銀色の染みがある、黄金の角を持つ雄牛になりました。

黄金の雄牛が森の中からゆっくりと。女の子はすぐに彼に走り、彼の金色の羊毛をなで始めました。彼らはそのような美しく強大な雄牛を見たことがありませんでした。彼らは彼の周りで踊り始めました。ヨーロッパもまた彼を撫でて愛撫しました。動物からは並外れた風味が生まれました。雄牛は横になり、ヨーロッパは笑いながら彼の背中に座りました、彼女はそのような大きくて優しい動物に乗ることを望みました。しかし、その雄牛は急に飛び上がって海に駆けつけました。

ヨーロッパは恐怖のために叫び、飛び降りたがっていました、しかしそれは遅れました、雄牛はひどい速度で急いで、彼女は落ちないように彼の角にしがみつきました。水面まで駆け上がると、雄牛は波に飛び込み、泳いだ。そしてすぐに海の神、ポセイドンが黄金の戦車と戯れるネレイドに現れました。ポセイドンはゼウスへの道を指し示し、トライデントを振って波を静めた。

長い間、ゼウスは海を航海していた。最後に、土地が先に現れました – クレタ島、ゼウスの聖域が位置していた場所。雄牛は上陸し、ヨーロッパは彼から飛び降りた。それから雄牛はゼウスに変わり、ヨーロッパに愛を告白し、彼女に妻になるように頼みました。彼女は同意しクレタ島に住み始めた。



ヨーロッパの拉致 – パオロヴェロネーゼ