ヨーロッパの拉致 – クロード・ロラン

ヨーロッパの拉致   クロード・ロラン

創造性Claude Lorrainの開花は50年代にあります。18世紀。これらの年の間に彼は彼の作品の最高の作品を生み出しました。このように、絵画「ヨーロッパの拉致」で、彼は自然の完全で豊かなイメージを反映しました。芸術家が風景の背景に明らかにしたプロットは、海洋のパノラマを書くための基礎としてのみ役立ちました。絵を多様化するために、芸術家はそれの上に人々のグループも捕らえました。

ロレインが主に古代の神話や聖書から借りた物語のエピソードは、時々マスター自身によってではなく、他の芸術家によって書かれました。風景の美しく構成された構成は、彼の作品の賛美者を称賛して、Lorrenが空間の感覚、広々とした光の範囲を作成するのを許しました。

構図の中央にある木の葉は、まるで日光が当たっているかのように明るく見えます。マスト船、山、遠くにある塔の輪郭 – これらすべてが柔らかい空気の霞に囲まれています。絵の名前にもかかわらず、注意深い照明はそれに一種の歌詞を与えます、絵全体は調和と幸せな平和を吹きます。



ヨーロッパの拉致 – クロード・ロラン