ユージーンはワイト島にいる – ベルト・モリゾ

ユージーンはワイト島にいる   ベルト・モリゾ

「ワイト島のユージーンマン」の写真を作成する、ベルトモリゾットは初めて彼女の夫の肖像画を実行します。彼女は彼を窓越しに通り過ぎる人と遠くに見える船に向かって見る。絵の大胆な構成は、内部と外部の内容、そして両方の空間の相互作用を同時に描くことができるという著者の能力を示しています。

上げられた窓のフレームと庭のフェンスの間の空間は、Eugen Manetの目に見えるものを覆っているように見える細長い長方形を形成し、レンズ穴に似ています。モバイルでダイナミックな世界の静的な観察者 – これはアーティストの夫の肖像画です。その絵は、外にあるもの、内にあるもの、親密な世界 – それを取り巻く現実、夢 – に直面しているポイントです。現実と。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

ユージーンはワイト島にいる – ベルト・モリゾ