ユリウス2世の神社 – ミケランジェロ・ブオナローティ

ユリウス2世の神社   ミケランジェロ・ブオナローティ

1505年、教皇ユリウス2世はミケランジェロにキリスト教世界の最も壮大な墓を造ることを提案しました。これは9×6メートルの大きさの別の霊廟で、内部には広い埋葬室があると想定されていました。

墓は3つのレベルに設置された40の彫刻で飾られるべきです。それが完全に非現実的な用語であることは誰にでも明らかだったが、ミケランジェロのような仕事のための聖句であっても、父はそれを作るのに5年を要した。1506年、Julius IIはローマのサンピエトロ大聖堂の再建に進み、この壮大なプロジェクトは彼の注意をそらさせました – 彼が著しく冷やした彼自身の墓へ。

その結果、墓はVincoliのサンピエトロのローマ教会の壁の近くに位置して、1545年にだけ完成しました。墓を飾る大きな数字のうち、3つはミケランジェロのカッターに属します、残りは彼の助手によって作られます。

1513年にこの墓のためにミケランジェロによって彫られた2つの素晴らしい彫像は、パリのルーブル美術館に保管されています。どういうわけか彼らはインストールされていませんでした。「瀕死の奴隷」 – そのうちの1人。



ユリウス2世の神社 – ミケランジェロ・ブオナローティ