モスクワ2世 – ワシリー・カンディンスキー

モスクワ2世   ワシリー・カンディンスキー

1916年にカンディンスキーによって書かれた「モスクワ2世」は、私的コレクションの中の「ロシア時代」の最も美しいキャンバスの1つです。芸術家を故郷に連れ戻した激しい出来事は、彼の故郷の街への愛を呼び起こしました。1916年から1917年にかけて、カンディンスキーはその復活に触発され、いくつかの “モスクワ”絵画を書いた。色の活発なエネルギーで飽和したこの万華鏡のような構成は、芸術家が見るモスクワのダイナミクスの美しさを体現しています。

「日差しがモスクワの全体を溶かし、浴槽のように聞こえ、強い手で魂全体を襲った。いいえ、この赤い結束はモスクワで最高の時間ではありません。オーケストラ

ピンク、紫、白、青、青、ピスタチオ、燃えるような赤の家、教会 – それぞれが別々の歌、激しい緑の芝生、賑やかな木々、または雪の千フレットで歌う、または裸の枝と小枝のアレグレット、赤、硬、全世界を忘れてしまったalleluluiaの厳粛な叫びのように、それ以上のもの、それを超える、クレムリンの壁の揺れない、静かな指輪は、Ivan the Greatの白くて長く細く真面目な特徴です。そして、その長くて永遠に伸び続ける、細長い首 – そのドームを取り巻く他の金色の、銀色の、雑多な星の一つであるモスクワの太陽 – のために、Kandinskyはアイデアについて書いています。私の新しいモスクワの仕事のために: “私は素晴らしい風景を書きたいです:個々の要素を集めて、そしてキャンバスにそれらを結合するために。

この絵は午後8時のオーケストラのようなものです[…]私は大聖堂を描きたいと思う方法で大聖堂を見るためにクレムリンに行きました。数週間後、彼は再び彼女に手紙を書いた。「これは私の想像力の中で徐々に発展しています。ただの幻想だったものは、今は物理的な形をとります。このアイデアに欠けていたのは、深さと健全さ、非常に真剣、複雑、そして同時に単純なことでした。」

それから、キャンバスの2ヵ月半の仕事の後、カンディンスキーはこう書いています:「あなたは私にこの夢があったことを知っています – 幸福、人生の喜び、または宇宙に触発された大きな絵を書くために。喜び」興味深いことに、キャンバスの真ん中にある「モスクワ1世」と「モスクワ2世」は、観客に背を向け、首都の壮大な交響曲を熟考しているようなロシアの伝統的な衣装のペアがはっきりと見えます。PS:この絵は2015年2月3日にロンドンのサザビーズで948万ドルで販売されました。



モスクワ2世 – ワシリー・カンディンスキー