メーンエドワード

Bertha Morisot – エドゥアール・マネの肖像

表情豊かな目と緑豊かな白いドレスを着た若い女性が大きなソファの上に堂々と伸びているこの絵を見てください。しかし、彼らの関係の驚くべき歴史を知っている人々は、長い間、そしてマネが情熱的に愛したものをよく考えますが、それは彼にとってはあり得ないことです、そしてこれは彼らの共通の悲劇でした。 ベルタマネはルーブル美術館で会い、すぐに決定した

庭で – エドゥアール・マネ

絵画 “庭で”は1870年初頭に書かれました。今日では、絵画はシェルボーン市立博物館に保管されています。エドワードマネによる絵画は彼の作品の中で最も生産的な期間に芸術家によって作成されました。1870年から1880年まで、エドゥアール・マネは現代美術の知能の代表者の中で一流で最も権威ある印象派の芸術家でした。1870年初頭、芸術家のBertha

オリンピア – エドゥアールマネ

キャンバスは印象派の誕生の始まりに関連付けられています。それは最初1865年にパリサロンで一般に公開され、大きなスキャンダルを引き起こしました。事実は、絵画の名前が悪名高いオリンパス山と全く関連していなかったということであり、この名前はマネの同時代の人々の間で安楽な女性たちと関連していました。残念ながら、絵についてはほとんど知られていません。おそらく、芸術家は2年前に同じ場所で展示され、センセーショナルな成功を収めたAlexander Cabanelの作品「The

鉄道 – エドゥアールマネ

一見したところ、毎日の生活の中からのシーンを奪い、他の人々の注意を引くために、Maneは素晴らしい才能を持っていました。日常活動で忙しい人、外出するだけで会える人。 Maneの多くの作品はただ叫ぶだけです

イザベルレモニエ – エドゥアールマネの肖像

イザベル・レモニエは、マネのお気に入りのモデルの1つです。彼女から描かれた肖像画の数の中で、彼女はベルト・モリゾに次ぐ人です。彼女の肖像画のうちの6つは、油、パステル、およびいくつかの水彩画にあります。これらの肖像画のほとんどすべてが自信を持って実行速度を変えています。毎回新しい服装としてポーズをとって、イザベルは非常に長い間ポーズをとったことがほとんどありませんでした。 おそらく唯一の例外は、この作品であり、シリーズ全体で2大のうちの1つです。頭が根本的に一致したことは注目に値する。塗料は削り取られ、再塗布され、そしておそらく2回以上も塗布された。ManneがLemonierに肖像画を描くための写真を渡すよう依頼したことは知られていますが、それぞれの絵は疑いもなく人生から描かれたものです。

Longchamp – Edouard Manetでの競馬

1860年代後半には、マネの作品は創造的な知識人や絵画愛好家の間で広く知られるようになり、そのアーティスト自身がすぐに “バティニョリス学校”と呼ばれる創造的運動を導いた。モリゾー他

ビールを飲む女性 – Edouard Manet

彼の人生の最後の年に、マネはパステルに興味を持つようになりました。このテクニックは、とりわけ、自発性の感覚を作品に取り入れる機会を彼に引きつけました。パステルを使用すると、柔らかいビロードのような質感を作成できます。たぶん、これがこの時点で芸術家がますます油ではなくパステルで女性像を書いた理由です。 Maneのパステルの多くは単純な肖像画のままですが、このテクニックで作成された作品の中には、日常生活の無敵の精神で満たされた素晴らしいジャンルシーンもあります

Theodore Dure – Edouard Manetの肖像画

「…昨年発行されたパンフレットの画家に不公平であることを認めたTheodore Dureは、予想外に、Dureに自分の肖像画を書くように勧めています。芸術家は働く。

フルート奏者 – エドゥアール・マネ

たてがみは常に衣装に興味を持っていた、そしてそれ故に「衣装」文字は彼の作品の多くに現れる。彼自身はドレスアップが大好きでした。彼のサークルの芸術家であり、マンの近くにいる男であるベルト・モリゾは、1870年のパリ包囲の間、彼の制服を着替え続け、そのカラフルさで画家を魅了したことを思い出した。 「フルート奏者」は、Maneによって日本の彫刻のスタイルで書かれました。それは、それらの上の数字が明確なシルエットで指定されたという事実によって区別されました、そして、細部は単に概説されました。この機能は珍しいフラットバックグラウンド作業を強調しています。批判はマネの写真をとてもクールに撮った。1866年のサロンの入場料委員会はそれを拒否した。ある新聞では、悪意なしにではなく、こう言われていました。

ビールを飲みながら – Edouard Manet

絵画「ビールのマグカップ」は1873年の初めに1872年の終わりに書かれました。芸術的知識の間で真面目で著名な人格からなる由緒ある陪審員によると、その作品は十分に暖かく現代美術サロンに受け入れられ、多くの好意的なレビューを受け、名誉ある場所を獲得した。 キャンバスは、エドゥアール・マネがフランスの美術学校の一流で非常に尊敬されている印象派の画家の一人だった時代に作られました。布はフィラデルフィアの美術館にあります。キャンバスはカフェ