メーンエドワード

Bertha Morisot – エドゥアール・マネの肖像

表情豊かな目と緑豊かな白いドレスを着た若い女性が大きなソファの上に堂々と伸びているこの絵を見てください。しかし、彼らの関係の驚くべき歴史を知っている人々は、長い間、そしてマネが情熱的に愛したものをよく考えますが、それは彼 […]

庭で – エドゥアール・マネ

絵画 “庭で”は1870年初頭に書かれました。今日では、絵画はシェルボーン市立博物館に保管されています。エドワードマネによる絵画は彼の作品の中で最も生産的な期間に芸術家によって作成されました。18

オリンピア – エドゥアールマネ

キャンバスは印象派の誕生の始まりに関連付けられています。それは最初1865年にパリサロンで一般に公開され、大きなスキャンダルを引き起こしました。事実は、絵画の名前が悪名高いオリンパス山と全く関連していなかったということで […]

鉄道 – エドゥアールマネ

一見したところ、毎日の生活の中からのシーンを奪い、他の人々の注意を引くために、Maneは素晴らしい才能を持っていました。日常活動で忙しい人、外出するだけで会える人。 Maneの多くの作品はただ叫ぶだけです

イザベルレモニエ – エドゥアールマネの肖像

イザベル・レモニエは、マネのお気に入りのモデルの1つです。彼女から描かれた肖像画の数の中で、彼女はベルト・モリゾに次ぐ人です。彼女の肖像画のうちの6つは、油、パステル、およびいくつかの水彩画にあります。これらの肖像画のほ […]

Longchamp – Edouard Manetでの競馬

1860年代後半には、マネの作品は創造的な知識人や絵画愛好家の間で広く知られるようになり、そのアーティスト自身がすぐに “バティニョリス学校”と呼ばれる創造的運動を導いた。モリゾー他

ビールを飲む女性 – Edouard Manet

彼の人生の最後の年に、マネはパステルに興味を持つようになりました。このテクニックは、とりわけ、自発性の感覚を作品に取り入れる機会を彼に引きつけました。パステルを使用すると、柔らかいビロードのような質感を作成できます。たぶ […]

Theodore Dure – Edouard Manetの肖像画

「…昨年発行されたパンフレットの画家に不公平であることを認めたTheodore Dureは、予想外に、Dureに自分の肖像画を書くように勧めています。芸術家は働く。

フルート奏者 – エドゥアール・マネ

たてがみは常に衣装に興味を持っていた、そしてそれ故に「衣装」文字は彼の作品の多くに現れる。彼自身はドレスアップが大好きでした。彼のサークルの芸術家であり、マンの近くにいる男であるベルト・モリゾは、1870年のパリ包囲の間 […]

ビールを飲みながら – Edouard Manet

絵画「ビールのマグカップ」は1873年の初めに1872年の終わりに書かれました。芸術的知識の間で真面目で著名な人格からなる由緒ある陪審員によると、その作品は十分に暖かく現代美術サロンに受け入れられ、多くの好意的なレビュー […]

Monsieur and Madame Manet – エドゥアールマネ

1860年に描かれた絵は、エドワードマンの両親を表しています。彼が彼の幼年期を過ごした彼の父の食料雑貨品店では、しばしば初心者アーティストの最初の絵を展示して売った。 お店でお父さんを手伝ってくれるお母さんのこわさとMa

Absinthe Lover – エドゥアールマネ

彼の教師、画家のトムクチュールが映画を「アブサン劇場」 –

旅行 – エドゥアールマネ

1874年の夏、パリ近郊の小さなリゾート地のセーヌ川のほとりにいたエドゥアール・マネは、水上で多くの時間を費やしました。 ボートの中のシーンは、青い虹色の水を背景に描かれています。ところで、芸術家の義理の兄弟である男は、

クリスタルの花瓶のバラ – Edouard Manet

動かないことを余儀なくされた彼の人生の最後の数カ月の間に、Edgar Maneは素晴らしい美しさの一連の静物画を描きました。そして、最も単純で日常的なものの中にインスピレーションと研究の源を見つけます。

読書 – エドゥアールマネ

ビクトリアメランは芸術家のキャンバスに繰り返し登場しています –