メアリーの冠 – Sandro Botticelli

メアリーの冠   Sandro Botticelli

この壮大な構図は、サンマルコの有名な修道院にある聖エリギウス礼拝堂のために宝石商の工房をボッティチェリが注文した祭壇画の主な絵です。戴冠式は二つの部分に分けられます。一つは天の国を表し、もう一つは聖徒が信仰をもって人々に教えている土地です – ここに教会の父親がいます。

左から右へ:福音伝道者の聖ヨハネ。聖アウグスティヌスは本に書いています – 彼の奨学金のしるし。聖ジェロームは彼の見事な視線を天国に直した。宝石商の後援者であるSaint Eligyは、写真で教区教徒たちを見ています、そして彼の手は祝福のジェスチャーで上げられます。

教皇のような冠をかぶった二階、父なる神は、聖母マリアを祝福し、真珠を振りかけた壮大な黄金の冠を彼女に身に付けます。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

絵の説明と意味 メアリーの冠 – Sandro Botticelli