ミラノ大聖堂 – ヴァシリー・スリコフ

ミラノ大聖堂   ヴァシリー・スリコフ

ヨーロッパでは、スリコフは何年もの間夢を見ました、そして、BerezovoでMenshikovのために5000を受け取ったことで、芸術家と彼の家族はす​​ぐに旅行に行きました。スリコフを訪問したすべての国の中で、特にイタリアは魂に沈みました。スリコフがどこにいても、画家は美術館 – ヴェネツィア、ミラノ、ナポリ、ローマ、フィレンツェ – で何日も姿を消したが、彼はイタリアの巨匠の美しい遺産の美しさを熱心に吸収した。ミラノにいるので、芸術家は中心的なアトラクションの一つ – 古代大聖堂 – を引き付けることに失敗することができませんでした。

絵画の有益な販売、古い夢の実現、スリコフがそれを賞賛したルネッサンスの芸術を個人的に見る機会のおかげで、絵画「ミラノ大聖堂」は名人の自由のための魔法の時代に現れました。この気分はすべて彼の軽い仕事に巻き込まれる可能性があります。

キャンバスは、その微妙なカラーパレット – 明るくてもぼやけない太陽の光の中ではほとんど無重力の大聖堂 – に驚かされます。この作品には、有名な「銀色」のイメージが現れていますが、それはその後の絵画でよく見られます。

注意深い観察者は、Surikovのキャンバスと印象派の作品の間にある程度の類似性を感じることができます – 瞬間的な光と空気への同じ注意は描写されたオブジェクトのアウトラインと形状を変えることができます。

絵は水彩画で描かれました、そしてそれは芸術家がとても好きで光栄でした。それは独立した形として水彩画を最前線に持ってきたと信じられていたのはSurikovでした。一般的に、作品は暖かさと優しさによって特徴付けられます。配色は非常に慎重に選ばれました – それはすべてのパステルカラーです。画像は、滑らかさ、画像のぼやけでさえも支配されています。

しかし、驚くべきことに、色の選択も「透明な」画像の特徴もまったくこの構造の威厳を害しません。ミラノ大聖堂は、ゴシック様式の建物が本来持っているそのすべての意義、丘を再現しました。

今日、この写真はトレチャコフ美術館で展示されています。



ミラノ大聖堂 – ヴァシリー・スリコフ