ミラクルキャッシュ – Paolo Uccello

ミラクルキャッシュ   Paolo Uccello

このシーンは、ウビノの聖霊教会のためにUcchelo-loによって書かれた祭壇画の一部です。マスターは祭壇画全体を書かなければならなかったことが知られていました、しかし、底部パネルを完成させて、彼は命令を拒否しました、そして、彼はオランダ人イオス・ファン・ワッセンホーヴに引き渡されました。

伝統的に、祭壇画の下のパネルのシーンは、中央のパネルに描かれているメインシーンと密接に関係していました。この場合、祭壇画の主なプロットは聖体の秘跡の設立です。祭壇画の中央パネルを手がけたイオス・ヴァン・ワッセンホーヴは、最後の晩餐の間にキリストが弟子たちにパンとワインを贈ったことを描写しました。Paolo Uchchello氏は、メインプロットに従って、中世でよく知られているユダヤ人の保険会社の物語を画像の下のパネルに示した。

その本質は以下の通りです。彼女のマントを買い戻したいと思っているある貧しい女性は、彼の長い要求の後、教会で盗まれたキャッシュを彼に渡しました。ユダヤ人は、キリスト教の神社を憤慨するために、ウェーハを燃やすことを望みました。しかし、彼がこの小さなパンに火を放った途端、血が奇跡的に出てきました。暴露されたユダヤ人は逮捕され、そして彼の家族全員と共に冒涜のためにその火事で焼かれ、そしてキャッシュを盗んだ女性は絞首刑にされた。



ミラクルキャッシュ – Paolo Uccello