ミューズ – ミハイルヴルベル

ミューズ   ミハイルヴルベル

すべての芸術家のミューズは彼の想像力の中で生きています。たとえマスターが本物の女性が彼のインスピレーションの支持者であると考えても、ファンタジーはまだ幻想的で非現実的な特徴でイメージを授けます。マスターミューズはいつも彼の最愛の妻でした。しかし、キャンバス上では、視聴者は間違いなく素晴らしい生き物であることがわかります。

赤い髪の毛、あなたが溺れることができる大きな緑色の目 – 美術館のイメージの中のすべてが魅力的で望ましいです。著者は聴衆に彼の最も深い欲望と夢をすべて提供しました。ヒロインの細い神経質な指は脆弱性と創造性を与えます。仕事の秋の側近は、仕事自体のある悲劇を強調し、絶え間ない苦しみと彼自身のための捜索に人を非難します。



ミューズ – ミハイルヴルベル