ミューズで拷問を受けたMarsyas – Jacob Jordaens

ミューズで拷問を受けたMarsyas   Jacob Jordaens

フランドルの画家Jacob Jordaensの絵「Marsyus、拷問を受けたミューズ」。絵の大きさは77 x 120 cm、キャンバスに油彩。Satir Marsyas、ギリシャとフリギアの神話のキャラクター、Cybeleの奉仕で演奏するフルートの代表。アテナがゲーム中に自分の顔を傷つけたために自分が考案したフルートを投げたとき、Marsyasはそれを引き上げ、その上でゲームを研究し、Apolloをコンテストに呼びました。

古代ギリシャの伝統によれば、アポロ神はオリンパスの神々にリラを弾くという芸術を喜ばせ、ミューズの聖歌隊の頭に立ち、歌と詩の贈り物を人々に与えることができました。ミューズは論争の調停人として、それをqitharでの神の闘争に賛成してそれを決定した。アポロの拷問の後のミューズの扇動で、マルシアは松の木に絞首刑にされ、以前はまだ風刺の皮をはがされていました。もともと、ギリシャ神話ではマーシャスはケレンの同名の川の神であり、市場では川の源の近くに、いわゆるマルシアの毛皮が見られました。

古代の彫刻家や画家はしばしばマルシアの運命に触発されました。例えば、フィディアスの最古の現代人であるマイロンは、アテナによって二重笛からおびえたマルシアを描きました。ローマとローマのローマ植民地では、自由の紋章としてマルシアの彫像が使われていました。



ミューズで拷問を受けたMarsyas – Jacob Jordaens