ミモザとのワークショップ – Pierre Bonnard

ミモザとのワークショップ   Pierre Bonnard

彼の人生の終わりにBonnardに降りかかった何度もの運命の打撃の後、親愛なるそして彼に近い人々が永遠に彼のところに行ったとき、彼は創造的な仕事に従事するのをやめません。彼の作品ではさらに明るくなり、それらはより暖かく、そして自由と人生で飽和しています。

絵「ミモザとのワークショップ」では、風景は南部の気質のすべての力で芸術家の部屋に入り、その源はミモザです。外部の自発性は内部の親密さと一体になります。

観客はBonnarの工房を訪れる機会を与えられます、しかしここでそれは主な目的ではありません、主な注意は庭が豊富な明るい南の色で着色されている窓の外の風景に焦点を合わせられます。マーサはもう4年間彼と一緒ではありませんが、彼女の姿の「幽霊」は以下の通りです。

彼の後の絵画では、芸術家はしばしば照明効果で実験し、そして風景の中で彼は創造的なインスピレーションの源を見つけます。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

ミモザとのワークショップ – Pierre Bonnard