ミハイル・I・ブテネバと娘の肖像 – カール・ブリリュロフ

ミハイル・I・ブテネバと娘の肖像   カール・ブリリュロフ

トルコでのBryullovの活動は、国内のシーン、肖像画、風景の創作だけにとどまりませんでした。演劇に魅了されたように感じて、彼はロシアの使徒A. P. Butenevの家で手配されたホームパフォーマンスに参加しました。彼は家族と会い、使徒の妻であるM. I. Butenevaとその娘の水彩画を描きます。

開いたバルコニーのそばで、ゆりかごまで曲がって、Butenevaは優しく彼女の小さな娘を持ち上げます。若い女性の輝く喜びの外観の魅力、彼女が目覚めた子供に手を差し伸べる優雅な動きは、人間の暖かさに満ちているので、肖像画を母性の幸せの絵に変えます。色合いの濃さ、色の純度、明るさは、Butenevの水彩画の肖像画を完璧な作品の1つにしています。



ミハイル・I・ブテネバと娘の肖像 – カール・ブリリュロフ