ミノバ、カナスギ、ミカヴァシマの村 – 安藤広重

ミノバ、カナスギ、ミカヴァシマの村   安藤広重

シリーズ「江戸百景」 – 「メイス江戸ハッキー」は、有名な芸術家安藤広重の創作伝記、そして日本全体の彫刻史上、特別な場所を占めています。19世紀の50年代に作成されて、それは価値があるように最高の浮世絵彫刻作品の1つになりました。

当時の日本の首都であった江戸は、現代的な意味での都市とは言えません。密集した地区は広大な水田、公園、果樹園で覆われていました。風景は多彩で絵のようでした。広重が江戸に捧げたすべてのシリーズの中で、私たちは街の景色だけでなく – 通り、広場、橋 – だけでなく田舎の写真 – 野原、川の谷と滝も見つけます。

後者には「ミノバ、カナスガ、ミカヴァシマの村」という彫刻が含まれています。シートのタイトルはYesivarに隣接し、首都と北部の州を結ぶOsukaido道路に隣接する3つの村の名前で構成されています。彫刻の背景に描かれている領域Mikavasimaの特別な目的は、それがクレーンの将軍の鷹狩りの場所であったということでした。日本の赤頭クレーン、いわゆるTanteは、Red Bookに記載されている、今日では珍しい鳥です。

古代からクレーンは、最初は中国で、次に日本で、長寿の象徴、道教の不滅の衛星、およびそれらの体現と考えられていました。しかし、クレーンの狩猟は本質的に捕食性では全くありませんでした:1つか2つの鳥だけが撃たれました。最初の鷹は将軍自身によって下げられた。彼が手に入れたトロフィーは装飾的に描かれ京都に送られました – 天皇のテーブルへ。その供え物は明らかに儀式的でした:クレーンの象徴を考えると、それは長寿の願いを意味するべきでした。

タントが大陸から日本に到着した冬の間だけ、彼らは赤いクレーンを捜しました。一般的に、彼らは守られ、そして与えられました、そしてそれは実際に広重に描かれています。Mikavashimaでは、冬の間、わらの囲いに囲まれた敷地が設けられ、その一部は木の隣の葉の右端に見えていました。ここではクレーンのための食物が散らばっていました:たぶん、それは彫刻の深さに描かれている、ヨークの上の人によって運ばれます。ミカヴァシマの住民は、人間も犬も鳥の邪魔にならないように、クレーンフィーダを警戒しながら交代しました。この義務は「ドッグガード」と呼ばれていました。

クレーンの世話は、冬の間に巣作りをする場所、騒音を立てる場所、凧を飛ばす場所では、特別の法令が禁じられていたことを意味します。この彫刻の構成は西洋で「見られた」ことに注意すべきです。西ヨーロッパやロシアの応用美術、特に磁器では、画像の要素が使用されることが多い作品があります。時にはほぼ文字通り、もっと間接的に。



ミノバ、カナスギ、ミカヴァシマの村 – 安藤広重