ミサントロープ – ピーターブリューゲル

ミサントロープ   ピーターブリューゲル

彼の死の一年前に書かれた芸術家の最新の絵画の一つ。その中で、他の多くの作品のように、ブリューゲルは人間の悪徳と人間の生命の脆弱性を熟考しています。絵は薄暗い老人から財布を盗んだ若い邪悪な小人を描いています。小人は十字架で球に刻まれています – それは悪質な世界の象徴的なイメージです。

彼の顔の上に下げられたフードの中の隠者僧が支配的な地位を占めています。手は祈りのジェスチャーで折り畳まれ、故意にこのキャラクターの信心深いキャラクターを唱えています。しかし、信心深くは偽善的であることがわかります:それらの後ろに、ハートの形をした赤い色のしっかりと詰め込まれた財布が修道院のローブの下から外へ傾いています。おそらく、ここでブリューゲルは「財布があるところに心がある」という格言に頼っています。それは福音書のテキストに戻ります。

写真の下に置かれているオランダ語のフレーズは、「世界はとても卑劣なので、私は喪服を着て行きます」と言っています。文字は無関係な手で刻まれていますが、おそらく後になるでしょうが、この碑文の意味はアーティストが見せたかったものと一致すると考えられています。

どのようにして凶悪犯が世界から離れようとしたとしても、彼はそれをすることができない。世界を狡猾にすることは、ドワーフ泥棒だけでなく、3つのニンニクトラップも象徴しています。ミサントロープのルート上に配置されています。僧侶の二重像はその絵が聖職者に対する風刺を含んでいることを暗示している。悲観的なミサントスロープは、羊飼いが羊を背後から守っていることとは対照的です。旧約にさかのぼる伝統に従って、キリストは寓意的に羊飼いとして描かれました。

写真の丸い形は、ブリューゲルにとっては異例です。私たちに降りてきた作品から判断して、彼はそれを二度だけ使った。1558年、絵画「フランドルのことわざ」の準備中、そしてこの作品の中で10年後。ここでも彼は左のテクニックに戻ります – 彼は木の上の油ではなく、キャンバスの上のテンペラで書いています。



ミサントロープ – ピーターブリューゲル