マーチサン – コンスタンティンユオン

マーチサン   コンスタンティンユオン

KF Yuonは日当たりの良い風景を描くのが好きでした、そしてこの絵も例外ではありませんでした。キャンバス上の “March Sun”は普通の村の暖かい日を表しています。3月は春の月と見なされますが、それは路上でまだ冬です。雪はほんの少しだけ溶け始め、太陽は暖かさを与えます。空はどういうわけか明るくて重さがなくなりますが、冬の曇りで重いときのようにはまったくありません。

ここには、荒れた道を歩いている若いライダーの馬がいます。彼らのひづめの下で、雪が太陽の下で溶けました。彼らの後には別の馬がいて、その隣に黒い犬がいます。彼女は馬に乗って遊ぼうとしています。道に沿って背の高い木々が澄んだ青い空まで伸びています。細い白樺の木は、長い冬の後も暖かく保とうとすると、彼らの枝を太陽に代える。すぐに雪が降るでしょう、そして彼らは葉を広げることによって新しい命を取り戻します。

丘の上には家があり、その屋根はまだ雪で覆われています。家は居心地が良く暖かいですが、通りには、雪の吹きだまりがあるにもかかわらず、春の太陽がとても暖かく暖まります。動物や子供たちに加えて、誰も見ることができません。誰もが自分のビジネスに忙しいです。その道に沿っているが、ごく最近、文字通り若いライダーの前で、他の馬が乗ったと考えることができる。歩道は歩き回っているので、子供たちが馬を運転して正しい場所に向かわせるのは簡単です。

一見するとそれは冬の風景のように見えるかもしれません。雪は日光の下で輝き、きらめきますが、太陽はもう暖かく、春のようです。ドリフトは溶けた地殻で覆われているようで、まもなく待望の小川が流れます。自然は冬眠から目覚め、春が自然に始まります。KF Yuonは驚くほど正確に太陽の暖かさと小さな空気の雲が浮かぶ春の半透明の、無重力の空の両方を伝えました。



マーチサン – コンスタンティンユオン