マリッセル教会 – カミーユコロー

マリッセル教会   カミーユコロー

Marisselの村はBeauvaisの近くにあり、そこでCorotは彼がイタリアで出会った彼の友人、アーティストBadinを訪問しました。コローは1866年の春の9日間の朝にこの絵を描いた

コンポジションはオランダの風景画のスタイルで作られています。1867年のサロンで展示されたこの絵は、ビクトリア女王の称賛を呼び起こし、アマチュアに4千フランで買収されました – 当時は非常に大きな額でした。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

マリッセル教会 – カミーユコロー