マリアIvanovna Lopukhina – ウラジミールLukich Borovikovskyの肖像

マリアIvanovna Lopukhina   ウラジミールLukich Borovikovskyの肖像

M. I. Lopukhinaの肖像はしばしばV. L. Borovikovskyによる最も詩的な創造と呼ばれています。あなたは、おそらく、それをロシアの絵画における感傷主義の最高の功績として評価することさえできます。自然の崇拝、この方向に内在する優しい感情、自然と融合したいという願望は、ここでは特に豊かさとともに表現されています。肖像画では、すべてが調和していて、互いに調和しています。公園の木陰、熟したライ麦の耳の間のヤグルマギク、若い女性のリラックスした姿勢、キャンプにぴったりなシンプルなドレス、そしてもちろん魅力的な魅力に満ちた魅力的な顔。

朝の肌の爽やかさ、目の疲れの中、夢のような笑顔の中でも、ロプキナの特徴のいくつかの不規則性の中でさえ、ロシアの女性に固有の本物の美しさ、精神的および叙情的な美しさがあります。Borovikovskyの絵のテクニックは、感情的で透明です。刷毛はキャンバスに触れ、曇りのある薄い流れのペンキで空気を覆い隠していますが、可塑性の高いボリュームを形成しています。相互に通過する色の分布は優雅なリズムの影響を受けます。1885年から1890年の間にP. M. Tretyakovによって取得されました。ロシア美術の歴史は、私たちの肖像画の発展におけるターニングポイントのような作品を知っています。そのような画期的な作品の中には、1797年にBorovikovskyによって書かれたM. I. Lopukhinaの肖像画があります。

Подобно тому, как мастера парадного портрета окружали своих персонажей атрибутами, свидетельствующими об их звании и общественном значении, и Боровиковский окружил Лопухину изображениями предметов, помогающих раскрыть ее образ. Такое совпадение в приеме не должно удивлять нас: ведь Боровиковский и сам был выдающимся мастером репрезентативного портрета. Но в данном случае, в портрете Лопухиной, “околичности” призваны играть совершенно новую, дотоле не свойственную им роль-выявлять не социальную значимость и общественное положение портретируемого лица, а глубоко интимные стороны его характера. Окружением фигуры Лопухиной служит пейзаж, и основной темой портрета становится слияние человека с природой. Для эстетики конца XVIII века эта тема особенно характерна.

確かに、そのソリューションはまだ条件付きの多くを持っています – Borovikovskyによって描写される農村の性質は観賞用の荘園として認識されています。しかし、ロシアの芸術で初めて注目されているのは、白樺の木の幹、ヤグルマギク、およびライ麦の黄金の耳の典型的な特徴です。国のタイプはLopukhinaに直面して強調されています。この肖像画で、Borovikovskyは、彼が感傷主義の考えの影響の下で18世紀後半に形成した女性の美しさのロシアの理想の比喩的な具体化に近づきます。Lopukhinaは、アンティークキトンに似た、まっすぐな折り目のあるシンプルな白いドレスを着ています。彼女の服装の謙虚さは、儀式用の肖像画の装飾的なポンポンに反対しているようです。

ロプキナの肩の上にショールが投げられます。人物の傾きは、風景の線の中でリズミカルに繰り返されています。このテクニックを使って、芸術家は再び自然と人間の一体性の概念を強調します。肖像画の叙情的な気分はまた青、青みがかった反射で穴をあけられた白、薄紫色、銀色および繊細な緑の調子のこもった音の上に構築されたその色、明るさと風通しの良い表現されています。しかし、たとえその肖像画の絵の質がどれほど高くても、その時代の画期的で独特のものであっても、画像自体が深くて本物の活力の特徴によって特徴づけられなければ、ボロビコフスキーの作品は今日までその芸術的影響の強さを維持できなかった。 。Borovikovskyはここで1790年代のロシア文化の特徴的なタイプを創造しただけでなく、詩的な女性らしさに溢れていました、

芸術家の考えは彼のヒロインの精神的な世界の深さに浸透します。詩人J. ポロンスキーがこの肖像画に捧げた詩をここに与えないことは不可能です。それはずっと前に亡くなった、そしてもはやそれらの目はありませんそして黙って苦しみを表現するその微笑はありません – 愛の影と思考 – 悲しみの影。しかし、Borovikovskyは彼女の美しさを助けました。それで、彼女の魂の一部は私達から飛び立ちませんでした、そして彼女の無関心な子孫を引き付けるためにこの外観とこの体の美しさがあるでしょう。彼を愛し、苦しみ、許し、沈黙するように教える。Lopukhinaの肖像画で、Borovikovskyは彼の文学的同時代の人々が成し遂げなかったことに成功しました – 彼の「Poor Lisa」のKaramzinも、Karamzinサークルの詩人も:人の感情的な生活の本当の表現の芸術的手段を見つけました。



マリアIvanovna Lopukhina – ウラジミールLukich Borovikovskyの肖像