マリアの誕生 – ドメニコ・ギルランダイオ

マリアの誕生   ドメニコ・ギルランダイオ

このフレスコ画は、メアリーの生涯の歴史に関する一連のエピソードに含まれていました。これらの壁画は芸術家の最も有名で最も尊敬されている作品の一つです、そしてGhirlandaioの栄光は主にTornabuoni礼拝堂に関連しています。イベントの背景はフィレンツェでした。メアリーの誕生のシーンのシーンは広々としたベッドルームです – 大ホール、GhirlandaioはTornabuoniの家を訪問しながら何度も見ました。

ホールのスペースは、エンボス加工された革のパネルの上、あるいは木やピエトラのセレナから作られた、スタッコの模様のランプで描かれています。それらの上に黄金の碑文があります:Nativitasトゥアジェニトリックスおとめ座ガウディウムannunziavit宇宙ムンド。壁パネルの上に、芸術家は彼のサインを残しました:最初のパネル – 「Bigordi」、3番目のパネル – 「Grillanda」。フローズンリボンやベールの中で果物のトレイを運んだり、シタール、シンバル、フルートを演奏したり、フリーズの上でパテを踊ることは、フィレンツェの学校の彫刻家であるDonatelloにとって明らかな魅力です。「第二話で – それの他の注目に値する特徴の中でも、細心の注意を払って作られたマリアの誕生は、予想通りに建てられた部屋に位置し、寝室を照らし、誰にでも欺かせる窓です。

この窓から暖かい光が部屋にあふれ、アンナを訪れた女性たちが通り過ぎたばかりの階段を照らします。彼らは何が起こっているのかに参加していません、しかし、彼らは寺院の敷居で巡礼者のように凍っています。その中には、ゴールドで刺繍されたベルベットのドレスを着た非常に若い女の子が立っています。たぶん、これはGiovanna Tornabuoni(銀行家の唯一の娘)です。そして、その人は、死んだ母親に代わって、この式典で彼女の最初の公式の役割を果たします。彼女の後ろの4人の女性は、もっと安心しています。そのうちの3人、年上の人、Ghirlandaioは、少女の亡くなった母親と彼女の叔母のDianoraとLucretiaを描写することができました。しかし、主人公であり続けるのは少女です – 彼女は高いベッドに横たわって、聖アンナを訪問するようになりました、メイドが新生児のためのお風呂を準備している間。赤ん坊は健康で血色が悪いように見えます。

シーンは流れる水のスプレーで遊ぶ柔らかな光が浸透しています。「そのうちの1人は子供を彼女の腕に抱きしめ、そして顔を作り、このように本当に創造に値する女性的な優美さで彼を笑わせる。それぞれの図によって表される他の多くの感情は言うまでもありません。」左上の階段では、ヨアヒムとアンナの集会の様子がほとんど気付かれずに演奏されています – エルサレムのゴールデンゲートではなく、彼の家のドアの前で。「Ghirlandaioは彼の作品に、彼が生きるのに十分に幸運であり、そして彼の同時代の人々でさえも叫んだような魅力を持っていた夏の夜明けとして明らかに、明らかにした。」Oは神を祝福した!なんて楽しい時間だ」


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

マリアの誕生 – ドメニコ・ギルランダイオ