マドンナキヤノンキャノンファンデルペール – ヤンファンエイク

マドンナキヤノンキャノンファンデルペール   ヤンファンエイク

顧客は、canon van der Paleでした。ロリン首相のマドンナのように、van Eyckは現実の世界で神の存在を示すことを試みます。キヤノンは、ブルージュの聖ドナシアン大聖堂教会の聖歌隊の中で、認識可能な本物の宮殿の中に示されています。聖ジョージと聖ドナティアンの近く。

研究者たちは、この絵は今破壊された教会の中に吊り下げられ、実際の内部を反映していると信じています。彼の肖像画は、キャラクターの本質への深い浸透に驚いています。絵のすべての詳細において、van Eyckは最大の重要性と物質的な有形性の印象を達成します。乾燥しわと折り目を持つ老人、Kanonik van der Paleの羊皮紙皮、またはドナシアン大司教の古美術品によって刺繍されたブロケードの固い輝き。

一方、聖書の世界:慈悲深い神は、彼らの上で、王、救い主の像の両側で、救い主キリストという息子を世界に送りました。そして奥深くに – アブラハムがある場面のアーチの柱は息子のヤコブを犠牲にして神に従います。そして聖人と死者の隣のマリアとベイビーは思考老人を見ています。彼らの手には花束とオウムがあります – エデンの園のヒントです。



マドンナキヤノンキャノンファンデルペール – ヤンファンエイク