マドンナと子、天使に囲まれた、SVの。バラと聖 カトリーヌ – ピエトロペルジーノ

マドンナと子、天使に囲まれた、SVの。バラと聖 カトリーヌ   ピエトロペルジーノ

ヴァザーリはペルジーノを特別な「色の優しさ」を特徴とする新しい絵画様式の発明者であると呼び、「人々はこの卓越した美しさを見るのに夢中になって走っています」と魅力的です。彼の作品は、建築様式のリズムとオープンスペースのバランスが理想的で、キャラクター同士が調和して共存しているようです。彼らは平和の雰囲気に浸っていて、満足していて、いくらか瞑想にさえ惹きつけられていて、そして宗教的な視聴者の気持ちに開かれています。Peruginoは彼の思慮深いMadonnasで有名になりました。

1850年にルーヴル美術館のコレクションに入った丸い絵「天使、セントローゼス、セントキャサリンに囲まれたマドンナと子供」は、芸術家の作品の初期の時期を表しています。それはテンペラ塗料で黒板に書かれています。1494年にヴェネツィアに旅行した後、ペルジーノは油で描き始めるでしょう。

絵の中には芸術家の対称的な空間構成が特徴的です。まるで憂鬱な悲しげな表情で、まるで王位に座っているかのように、マドンナは絵の構成の中心です。それは両側に対称的に立つ聖人と天使たちの姿によって囲まれています。

絵画の背景は細かく定義された風景によって占められており、またイメージの対称性をサポートしています。イメージから深い平和を吸い込み、内省に浸る。全体像は金色の輝きであふれているようです。聖人とマドンナの服の色は非常に多様であるという事実にもかかわらず、芸術家は豊かな赤、濃い青、緑、そして淡い紫の色調の組み合わせで驚くほどの調和を成し遂げました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

マドンナと子、天使に囲まれた、SVの。バラと聖 カトリーヌ – ピエトロペルジーノ