マドンナと子供と天使 – Tommaso di Giovanni Masaccio

マドンナと子供と天使   Tommaso di Giovanni Masaccio

ロンドンのギャラリーは、ピサのサンタマリアデルカルミネ教会の礼拝堂のために1426年にマサッチオによって注文された、子供と4人の天使たちがいる多空母マドンナの中心部を所有しています。15世紀初頭の絵画に広く普及している装飾的なスタイルは、マサッチオの作品とは相容れないものです。彼らの中では、彼の前任者であるジョットの作品のように、すべてが空間の遠近法の構築と光と影の使用に従属しています。ここと子供のいるマドンナと天使たちの装飾的な要素は背景に後退します。

明らかに単純で、このマスターといつものように、イメージの解釈はある種の彼自身の個性と内なる強さを持っています。マドンナは、ジョットの見方の法則に従って厳密に造られた王座の上に座っています。彼女の図は、自信を持って正確なストロークで書かれていて、彫刻的なボリュームの印象を与えます。彼女の顔は穏やかで悲しい、分離した表情はどこにも向けられていない。紺色のマントに包まれて、聖母マリアは彼女の腕に赤ん坊を抱いています。その金色の人物像は暗い背景に対してはっきりと目立ちます。

マントの深いひだは芸術家がchiaroscuroで遊ぶことを可能にします、そしてそれは同じく特別な視覚効果を作成します。赤ちゃんは黒ブドウを食べる – 聖体の象徴です。マドンナを囲む真っ白に描かれた天使たちは、絵にさらに感情的な音を与えます。(聖者ジェロームと洗礼者ヨハネ – 双方向の三部作のためにマサッチオによって書かれた唯一の葉。



マドンナと子供と天使 – Tommaso di Giovanni Masaccio