マコフスキー・ウラジミール

貧しい人々への訪問 – ウラジーミル・マコフスキー

しかし、公務員が同伴する裕福な地主が、おそらく慈善目的で貧しい家庭を訪問するようになりました。彼女はその家のロルネットのホステスを覗き込んで、助けを求めて、卑猥にそして臆病に微笑んでいる。 部屋の乏しい、物乞いのような調

羊飼い – ウラジミール・マコフスキー

これは幼年期の写真です。子供時代は常に不注意、喜び、遊びです。ゲームもここにあります:年上の少年、おそらく羊飼いは、彼が自分で作ったというパチンコを見せます。興味を持って彼女の2人の子供、podpaskovを考えてみまし […]

囚人 – ウラジミール・マコフスキー

彼の絵画の多くで、芸術家はロシアの人々の運動のテーマを反映しています。この仕事は政治闘争に直接関係しています。1882年に描かれました。 歴史家や批評家は、彼が人生を示し、真実全体を明らかにしているので、Makovsky

暑い日に – ウラジーミル・マコフスキー

彼らの作品の多くのアーティストは、彼らが見たものの現実と真実性を伝えようとしました。自然の美しさを描いた人もいれば、都市や大きな建物が好きだった人、そして人々の生活を見せた人もいました。これらの絵の一つは、「暑い日に」マ […]

宿泊施設 – ウラジーミル・マコフスキー

マコフスキーの絵は放浪者の芸術によるものです。彼の作品は、「小さな男」のケアと理解、喜びと感情の独特な現れです。彼の絵のいくつかは、金持ちと貧乏人の闘争に起因すると考えることができます、それは彼が彼の作品を手に入れるのは […]

理想主義の実践者および唯物論者理論家 – ウラジミール・マコフスキー

絵はユーモアに満ちていて、二人の主張している男性のイメージは微笑を引き起こします。 一人で、料理人はほとんどの場合、開業医であり、彼は椅子にしっかりと座っており、これは議論における彼の確固たる地位を示しています。2人目の

2人の母親 母養子とネイテ​​ィブ – ウラジーミル・マコフスキー

女性は、繁栄、安らぎ、そして平和に満ちた邸宅にやって来ます。その前には、権力と平和と繁栄は無力です…。私たちには、先住民とレセプションという2人の母親のドラマがあります。誰が知っています、どういうわけで、子供 […]

ファーストコート – ウラジミール・マコフスキー

ウラジミール・マコフスキーは、国内シーンの記述、気分やキャラクターの移転の最高の巨匠の一人であると考えられています。リアリズムは彼の作品に大きな役割を果たしています、時にはそれは彼が描かれたイベントの参加者に直接なるよう […]

日付 – ウラジミール・マコフスキー

1883年に描かれた、ウラジミール・マコフスキー「デート」の絵は、ワンダラーの芸術家の典型的な作品であり、普通のロシア人の苦しい生活を描いています。 絵は母と息子の出会いを描いた。母親は、見習いである息子を訪問するために

農民の子供たち – ウラジーミル・マコフスキー

私たちの前には有名な画家の有名な絵があります。あなたがそれを見たとき、贅沢な気分は感じられません。芸術家は農民生活の自然なイメージを最大化しようとしています。彼は仕事で団結している子供たちの間の特別な関係に興味があります […]

雨から – ウラジーミル・マコフスキー

前向きな気分の写真。彼女は非常に暗い顔にさえ喜んで笑顔をあげます。何人かの子供のいたずらな視線でキャンバスに伝えられた華やかさと興奮のおかげで、そして私が他の人の楽​​しみを中断しなければならなかったという悩みの中で、M […]

ニジニ・ノヴゴロド広場のミニン、人々に寄付を促す – ウラジミール・マコフスキー

ロシア史の陰謀について 描写された出来事は1611年9月にニジニ・ノヴゴロドの貿易広場で起こり、そこでニジニ・ノヴゴロドの住民は民兵を創造するための寄付を運びました。民兵は、Dmitry

おばあちゃんのゲーム – ウラジーミル・マコフスキー

画家ウラジミール・マコフスキーは常に人生に興味を持ち、ロシアの単純な人々の裁判に共感しました。彼はしばしば貧しい人々の生活にインスピレーションを得ました:農民、メイドと他の下層階級のメンバー。他の芸術家はそのようなキャラ […]

私は彼をさせない – ウラジーミル・マコフスキー

「私は外に出さない」という絵は、アルコールに対する有害な負担について私たちに語っています。仕事は多くの村が都市に変わった1892年に行われました。視聴者は市街地が額縁に限定されるのを見ます。フェンスはブロックを残すことに […]

ガチョウを持つ少女 – ウラジミール・マコフスキー

ウラジミールEgorovich Makovskyの作品では、国民生活の叙情的な、明るい認識のモチーフは彼らの具体化を得ました。1875年に書かれた小さな絵キャンバス「野にガチョウを持つ少女」は、農民の子供たちの生活に捧げ