マギの崇拝 – ドメニコ・ギルランダイオ

マギの崇拝   ドメニコ・ギルランダイオ

彼の福音書の中の聖マタイはキリストのキリスト降誕の時にエルサレムに来たユダヤの生まれた王はどこにいたか尋ねた東からの賢人について語っています。これを学ぶと、ヘロデ王は不安になり、ベツレヘムでイエスを捜しに行かせました。道を指し示すと、星がそれらの前に上昇した。賢者がベツレヘムでマリアとその子を求めたとき、彼らは神の幼児にお辞儀をし、彼に贈り物を贈りました:金、香、そして没薬。賢者が幼児キリストを崇拝する場面は、賢者の崇拝と呼ばれています。

「タルシシュの王と島の王は彼に敬意を表します…そしてすべての王は彼を崇拝するでしょう」と書かれているので、マギを王として描く伝統があります。マギは、キリスト教の伝統によれば、カスパー、メルキオル、ヴァルタサルと呼ばれていました。彼らがキリストにもたらした賜物は象徴的な意味を持っています。金は王に、神の子にはフランキンセンス、そして犠牲者には死の象徴であるミルラ。クリスチャンにとって、これらの賜物は福祉のもたらし、キリストへの力を象徴し、そしてまた彼への賞賛と彼への奉仕の用意を表しています。

Ghirlandaioは、1485年にオスペダール・デッリInnocentiの祭壇のための偉大な “Adoration of the Magi”の注文を受けました。顧客は、Ospedaleの芸術的な宝物について非常に心配していたアボットのFrancesco di Giovanni Tezoriでした。祭壇は1488年に完成しました – 日付は古代の台所の右上に書かれています: “MCSSCLXXXVIII”。彼のGhirlandaioの帰属は – もちろん、ワークショップの参加により – 疑いの余地はなかった。Vasariはこの祭壇画について詳しく書いています。「Innocentiの教会で、彼はMagiの木にtemperaを書きました。神の子の母を描写することにおいてのみ芸術に利用できる恵み。」

作品は時代遅れで、それはGhirlandaioと彼の助手がサンタマリアノヴェッラ教会の大礼拝堂のフレスコ画に取り組んだときにさかのぼります。広大な光のあふれる風景もあります。奥行きのある壁は、遠近感をまったく閉じず、スペースを狭くしませんが、その増加に寄与します。修道院長のTezoriの依頼で、祭壇の予告編はMaryの人生のエピソードを描いた。図は文書と特徴的な長さが確認するようにGhirlandaioの1人の生徒、Bartolomeo di Giovanniによって書かれました。教会の内部がやり直され、像が祭壇の後ろの壁に置かれた1786年まで、マギの崇拝は祭壇の中に残っていました。



マギの崇拝 – ドメニコ・ギルランダイオ