マギの崇拝を伴うトリプティク – Andrea Mantegna

マギの崇拝を伴うトリプティク   Andrea Mantegna

アンドレア・マンテーニャは芸術家であり、ルネサンス時代が始まる数十年前には、この強力な芸術の接近するステップが感じられました。トリプティクはマントヴァの彼の家族の宮殿で礼拝堂のために偉大なルドビコゴンザガによって任命されました。祭壇画のミニチュアの文字、初期のルネサンスの芸術に特徴的な素晴らしい細部の豊富さは、イタリア絵画の次の段階にすでに内在していた力と記念碑と結合されています。

その結果、小さくて絵のような祭壇はゴンザガ宮殿のマンテーニャの壁画と同じ印象を与えます。それと同時に、箱からの宝石のように、私が考えたいトリプティク。芸術家の中心部にマギの崇拝の場面がありました。彼らはマリアの膝の上に座っている幼児を崇拝するために行きます。天使たちは動き回る。

乾燥して明るくなったマンテーニャの文字は、絵の中の特別な「空気」のせいでも、文字通りイメージを輝かせます。それゆえ、芸術家によって創造された世界では、あなたはすべてを見ることができます:向こうへの道、そして彼女が導く光の城、そしてラクダ羊毛、堅い草、そして衣服が浸透する細い黄金の糸。そして同時に、舞台は全長の聖歌隊として想像することができます。Mantegnaはこれを知っていました、そして、描かれた記念碑の効果を高めるために、彼は凹面の上にそれを書きました。

「割礼」シーンでは、芸術家は壁の飾り、ルネッテの構成 – 「アイザックの犠牲」と「モーセ、聖書のテーブルを人々に提示」、ジョセフの手に鳩が入ったかご、大箱まで伸びるトレイを書いた。彼の指を吸う、彼のもう一方の手でかまれたベーグルを握っている小さな洗礼者ヨハネの像が触れています。この詳細なシーンはすべて大きな壁画に適しています。そして、3番目の作曲 – 「昇天」 – だけでは、ほとんど注意深く描かれた詳細はありません、それはより厳しくそしてより強力です、それはまた石の風景を持ち、そしてキリストが立っている雲さえ大理石から切り分けられているようです。しかし、以前のように、キャラクターの感情は微妙に伝えられます。マリアと使徒たちの驚きと希望。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

マギの崇拝を伴うトリプティク – Andrea Mantegna