Christopher Paudissは、17世紀半ばにドイツが経験した深刻な経済的、政治的、文化的危機の時代にドイツで働いていました。そして、ドイツの芸術の一般的な衰退を背景に目立つ数少ないアーティストの一人でした。