ポントワーズの果樹園。春 – カミーユピサロ

ポントワーズの果樹園。春   カミーユピサロ

パリに戻っても、ピサロは依然として貧困の中で生活しており、帝国に取って代わった共和国はフランスの生活の中で何も変わらず、戦争、没収およびコミューンに関連する悲しい出来事は絵画を買う機会のブルジョアを奪いました。

現時点では、C。Pissarroは彼の後援の下でAix-en-Provence P. Cezanneからの若いアーティストを引き受けます、そして、彼らはPontoiseで一緒に働きます。C. Pissarroによると、彼はユニークなビジュアルツールであった若いアーティストと色彩の仕事における彼の経験を共有します:その助けを借りて、オブジェクトの物質的な本質だけでなくその形を伝えることもできました。

純粋な色の近くに配置された明るい色のストロークは、驚くほど相互に作用し合って鮮やかな色調の範囲を作り出し、平行な対角線に交差するように適用され、奥行きのある感覚を作り出し、絵に一定のリズムを与えます。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

ポントワーズの果樹園。春 – カミーユピサロ