ポルトガルのイザベラの肖像 – Titian Vecellio

ポルトガルのイザベラの肖像   Titian Vecellio

皇帝チャールズ5世の依頼による絵画は、1548年にアウクスブルクで行われました。1526年、ポルトガルのイザベラは皇帝チャールズ5世と結婚しました。36歳のとき、そしてチャールズ5世がティティアンに自分の肖像を描くことを許可するずっと前に、彼女は非常に若くして死んだ。彼女の淡い顔は彼女の柔らかさを強調し、それは彼女の手の細い指にも見られる。

全体の肖像画は赤、白、そして金のすばらしい色の調和を中心としています。魅力的な色のコントラストは、風景の青と緑の色合いによって提供されます。



ポルトガルのイザベラの肖像 – Titian Vecellio